・1875年2月27日、「日本初の近代的植物園」開園記念日

・1875(明治8)年2月27日は、日本初の近代的植物園が、東京都の小石川植物園で開園しました。

・小石川植物園は植物に関する様々な研究を行っている東京大学の附属施設です。元々は、江戸幕府五代将軍・徳川綱吉期に小石川御薬園として移設開園されたのが始まりで、八代将軍・吉宗期には同薬園内に診療所として小石川養成所が設けられておりました。

・山本周五郎氏の連作短編小説「赤ひげ診療譚や、この作品を映画化した黒澤明監督作品の「赤ひげ」は、養生所を舞台とした医師の物語でした。

・その後、東京大学が1877年に開設されると、同大学の附属施設となり、広く一般植物などを多種揃えた植物学の研究施設として生まれ変わりました。同時に、一般にも公開されるようになりました。

・2012(平成24)年9月19日に、「小石川植物園」として国の名勝および史跡に指定されました。

・また、飢饉対策作物のひとつとして、青木昆陽氏がサツマイモの試験栽培を関東で初めて成功させた場所でもあります。分園が栃木県日光市にあり、日光植物園の通称で親しまれております。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



1359752_m