1978218日、「禁煙運動の日」

 

1978(昭和53)218日は、東京・四谷では、「禁煙権確立をめざす人びとの会」が設立され、日本でも本格的な禁煙運動がスタートしたことに由来します。

 

・嫌煙権はこの年、「嫌煙権確立を目指す人びとの会」の中田みどり氏が提唱し、広まった言葉です。この会は「たばこの煙に汚染されていないきれいな空気を吸う権利」など3つの嫌煙権を掲げてスタートし、集会や街頭デモも行って嫌煙権確立を呼びかけました。

 

・当時は、禁煙運動という言葉も珍しく、多くのマスコミがこの集会を報道して、一気に禁煙運動が盛り上がっていき、その年の4月には、全国の国立病院の待合室が、禁煙になりました。

 

・嫌煙権というのは、タバコを嫌う、あるいはタバコを吸う人を嫌うという好悪の意味ではありません。タバコを吸う人に禁煙を強制するようなものでもありません。「嫌煙権確立を目指す人びとの会」は、「たばこの煙によって汚染されていないきれいな空気を吸う権利」、「穏やかではあってもはっきりとたばこの煙が不快であると言う権利」、「公共の場所での喫煙の制限を求めるため社会に働きかける権利」の3つの嫌煙権を掲げていました。要するに公共の場での喫煙マナーの徹底を求めていたのです。

 

・確かに昭和の頃は、タバコはどこでも吸い放題だったようです。そういう世の中だったからこそ、嫌煙運動が必要だったのでしょう。

 

・時代は流れ、公共の場では分煙や禁煙の場所が増えました。1988年には地下鉄の終日全面禁煙が実現しました。1998年には世界中の航空機が全面禁煙となりました。喫煙可能な喫茶店やレストランはめずらしくなり、逆に愛煙家が集まる場所となりました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




2899999_m