1978217日、「天使のささやきの日」

 

1978(昭和53)217日は、北海道雨竜群幌加内町母子里では、非公式ながら、氷点下41.2度の国内最低気温を記録しました。「天使のささやき」とは、氷点下10度以下になると空中に出来る氷の結晶である「ダイヤモンドダスト」のことを言います。

 

・ダイヤモンドダストは、極寒の時期にいくつもの気象条件が揃ったときだけに出現する、美しい自然現象です。氷点下の快晴の早朝に、無風状態で湿度があると水蒸気が急速に冷却されるため、雲になる前に氷の粒になります。空中で舞い散るこの無数の氷の粒が、日光に反射してキラキラと輝くことから命名されたようです。別名として「天使の囁き」などとも表現されています。

 

・そこで、1987(昭和62)年より、地元の有志が実行委員会を結成して、この極寒の寒さを通して人々の出会いの場と、「天使のささやきを聴く集い」と名付たイベントを2月に開催するようになったことにちなみ、1994(平成6)年に、記念日に制定されました。

 

・幸いにも、北海道大学低温科学研究所の施設が、母子里にあり、情報も入手し易いし、同大学の雨竜地方演習林の学生宿舎も利用出来るため、今では、日本各地からの若者も参加するようなりました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




1817174_m