1875213日は、「苗字制定記念日」

 

1875(明治8)年213日、明治政府は、「平民も必ず姓を称し不詳の者は、新たに付けるように」と、太政官布告により、日本国民は、苗字を名乗ることを義務づけられた。

 

・実は、1870(明治3)年の919日、平民が苗字を名乗ることを、許可する旨が、太政官布告で出されました。しかし、当時は、読み書きの不得手な人が多かったこともあり、苗字をつける人は、なかなか増えませんでしたので、苗字制定の義務化となりました。

 

・江戸時代まで、日本において公的に苗字を使用したのは、原則として公家及び武士などの支配階層に限られ、一種の特権とされていました。

 

・明治維新の後、明治新政府により従来の身分制度の再編が図られ、1870(明治3)年919日に「平民苗字許可令」が定められました。

 

・政府は、この布告では初めて「平民」の語を用いて、華族及び士族に属さない平民に「苗字」の使用を許可した。しかし、当時の平民には、あえて苗字を使用しない者も多かった。そのため、1875(明治8)年)の今日に改めて名字の使用を義務づける「苗字必称義務令」を出しました。 本令では、苗字を称えることを義務づけ、「祖先以來苗字不分明ノ向」は新たに苗字を設けることとしました。

 

1875(明治8)年213日に平民苗字必称義務令が出されたことから、213日を「苗字制定記念日」といいます。また、1870(明治3)年919日に平民苗字許可令が出されたことから、919日は「苗字の日」とされています。

 

・日本の苗字は、12万から、13万とも言われるほどの豊かさです。苗字は、先人たちの残した貴重な足跡です。今日は、自分のルーツが、どこにあるかを確認するに、絶好の記念日ですね。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





4099339_m