1984212日、植村直己氏、マッキンリー冬季単独登頂に成功

 

1984(昭和59)年212日、冒険家の植村直己氏がマッキンリー冬季単独登頂に成功するも、下山途中で行方不明となりました。

 

・その後明治大学山岳部によって2度の捜索が行われましたが、発見されることはなく、植村直己氏が登頂の証拠として山頂付近に立てた日の丸の旗竿と、雪洞に残された植村直己の装備が遺品として発見されるに留まりまし.た。この結果、消息が最後に確認された213日が命日となりました。

 

1984419日、国民栄誉賞を受賞。功績名は「世界五大陸最高峰登頂などの功」。

 

619日にはデンマーク政府により、1978年のグリーンランド縦断の際の到達点であったヌナタック峰を、植村の功績を称え「ヌナタック・ウエムラ峰」と改称することが決定しました。

 

・同年8月、北極点・グリーンランド縦断のゴールであるナルサスワックに植村の功績を伝えるためのレリーフが設置されました。

 

1994年、故郷である豊岡市日高町の神鍋高原に植村直己冒険館が開館しました。

 

・上村公子夫人と有志によって記念館と植村直己自然学校が設立されました。

 

1996年、植村直己冒険賞が設けられました。最初の受賞者はミャンマー最高峰カカボラジ山に初登頂した尾崎隆氏でした。

 

・上村直己氏 主な登山・冒険歴

 

1965423 - ゴジュンバ・カン登頂

 

1966725 - モンブラン単独登頂

 

19661024 - キリマンジャロ単独登頂

 

196825 - アコンカグア単独登頂

 

 1968420 - 620 - アマゾン河6,000km単独筏下り

 

1970511 - 日本人初登頂エベレスト登頂

 

1970826 - マッキンリー単独初登頂(世界初の五大陸最高峰登頂成功)

 

197111 - 冬季グランド・ジョラス北壁完登

 

1971830 - 1020 - 日本列島3,000kmを徒歩で縦断

 

197294 - 197324 - グリーンランド北端シオラパルクのエスキモー宅に単身寄宿し共同生活

 

197324 - 430 - グリーンランド3,000km犬ゾリ単独行

 

19741229 - 197658 - 北極圏12,000km犬ゾリ単独行

 

19767 - エルブルスに登頂

 

1978429 - 単独到達世界初犬ゾリ単独行で北極点到達

 

1978822 - 犬ゾリ単独行でグリーンランド縦断成功1982813 - 冬期アコンカグア第二登達成

 

1984212 - 世界初マッキンリー冬期単独登頂




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村







3101518_m