2000年の26日は、全国初の女性知事が大阪府で誕生した日


2,000(平成12)2月分6日は、大阪府の知事選挙で、当時通産省審議官だった太田房江氏が当選し、全国初の女性知事が誕生しました。

 

・太田房江氏は、1975年に通産省に入省後、1994年から近畿通商産業局総務企画部長、1997年から岡山県副知事などを歴任し、消費者行政担当審議官を最後に退職しました。家族は大阪市内で光学レンズ製造業を営む夫と一緒でした、これまで平日は東京へ単身赴任、土・日曜日は大阪という生活を続けており、大阪との縁は深いものがありました。

 

・横山ノック前知事の辞任を受け、平成1226日に行われた大阪府知事選で、自民・民主・公明などの推薦を受けた太田房江氏が当選し、全国初の女性知事が誕生しました。太田房江氏は138万票余りを獲得し大差で圧勝しました。

 

・その後、平成16年にも江本孟紀氏らを破って再選を果たしました。自民党は、岡山県副知事も務めたことのある太田房江氏に出馬を要請し、当選、太田知事は、28年務めました。

 

・大阪府の普通決算における実質収支は、太田が府知事に就任した2000年度には383億円もの赤字でしたが、歳出削減を中心とした財政再建策により、太田が知事を退任する直前の2007年度には、赤字額は7億円にまで減少しました。

 

・その後、熊本県、千葉県、滋賀県、北海道、山形県に女性知事が続きました。

 

2,016年、東京都に小池百合子知事が、誕生しました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






3513209_m