1936年の25日、プロ野球の日

 

1936(昭和11)年の今日この日、全日本職業野球連盟の結成によりプロ野球が誕生しました。

 

・全日本職業野球連盟の結成は、1936年から1949年まで存在していた日本のプロ野球組織です。日本初の本格的全国規模によるスポーツリーグであり、現在の日本野球機構のルーツに当たります。

 

193625日、日本3番目のプロ野球球団として活動していた東京巨人軍、前年暮れに発足した大阪タイガースの2球団を始め、名古屋軍、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で日本職業野球連盟が設立され、同年4月に第1回のリーグ戦が開催された。日本の団体競技で全国規模の社会人リーグ戦はこれが初めてでした。

 

・このように現在のプロ野球チームの前身となる球団も所属した連盟で、結成された同年の29日に日本の職業野球(プロ野球)の試合が初めて開催されました。

 

・その第一戦は巨人対金鯱戦で名古屋鳴海球場でした。

 

・プロ野球発足当時は現在の試合日程と異なり、春季、夏季、秋季の3回に分けて試合が開催されていました。

 

・春季と秋季はリーグ戦となっていて、夏季はトーナメント戦でした。その後は太平洋戦争の影響を受けて公式戦が中止されるシーズンもありました。

 

・戦後になるとプロ野球の公式戦が再開され1949年までは1リーグ制でしたが、1950年には2リーグ制となり、現在のプロ野球の仕組みの原型が出来上がりました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


445431_m (1)