1953(昭和28)年21日は、「テレビ放送記念日」

 

1953年の今日21日午後2時、東京都千代田区内幸町の放送会館第1スタジオから、NHK東京テレビ開局祝賀会式に続き、菊五郎一座の舞台中継など、日本初のテレビ方法を開始しました。

 

・太平洋戦争の敗戦から8年後の今日、日本において、テレビジョン放送が開始しました。まず21日午後2時、NHKが東京でテレビ本放送を開始。当時は一日の放送時間は約4時間程度で、また、テレビカメラがわずか5台しかなく、フィルム取材によるニュースや劇場映画などを除き大部分の番組が生放送の時代でした。

 

・続く1953828日には、民間放送テレビ第1号となる日本テレビ放送網が開局しました。同局は開局に先立ち関東地方全域に街頭テレビを設置。主にスポーツ中継の巨人戦、大相撲本場所、プロレス中継などがテレビ放送人気を沸騰させました。

 

・また、日本テレビの開局と共にテレビコマーシャルの放送も始まった。その第1号は精工舎の時報でした。

 

・当時のテレビの受信契約数は866台、受信料は200円でした。その後、爆発的な増加を達成しました。ちなみに、カラ放送は、1960910日でした。


847904_m