1967127日は、「国連の宇宙天体平和利用条約に調印」

 

1,967(昭和42)年の127日に、国連より各国に「国連の宇宙天体平和利用条約」署名のために開放され、モスクワ、ロンドン、ワシントンで、日本を含む27か国が、調印しました。

 

・同条約の趣旨は、宇宙空間と天体は、探査と利用は、全人類のために平等に行うというものであり、現在は、101か国が調印しています。

 

・正式には、「月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用における国家活動を律する原則に関する条約」は、国際的な宇宙法の基礎となった条約です。宇宙空間における探査と利用の自由、領有の禁止、宇宙平和利用の原則、国家への責任集中原則などが定められています。通称は「宇宙条約」ですが、「宇宙憲章」と呼ばれることもあります。

 

・宇宙空間の探査・利用の自由

 

1条で規定されている。天体を含む宇宙空間の探査および利用は「すべての国の利益のために」「国際法に従って」全人類が自由に行うことができる。

 

・領有の禁止

 

2条で規定。天体を含む宇宙空間に対しては、いずれの国家も領有権を主張することはできない。

 

・平和利用の原則

 

4条で規定。核兵器など大量破壊兵器を運ぶ物体(ミサイル衛星等)を地球を回る軌道に乗せたり、宇宙空間に配備してはならない。

 

また、月その他の天体はもっぱら平和目的のために利用され、軍事利用は一切禁止される。

 

・国家への責任集中原則

 

6条、7条で規定。宇宙活動を行うのが政府機関か非政府団体かに関わらず、自国によって行われる活動については国家が国際的責任を負う。打ち上げられた宇宙物体が他国に損害を与えた場合、打ち上げ国には無限の無過失責任が発生する。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




374670_m (1)