1902125日は、「日本最低気温の日」

 

1902(平成35)年125日は、北海道旭川市で、日本の気象観測史上最低気温となる氷点下41度を記録しました。

 

・これは富士山頂の記録(氷点下38度、昭和56227日)よりも低い温度です。

 

1902125日、北海道の旭川で日本の最低気温マイナス41.0℃を記録しました。天気図を見ると、北海道の東に低気圧、九州の西に高気圧があり、等圧線も4本しかありませんが縦縞に並んでいて、西高東低の冬型気圧配置となっていました。

 

・旭川市は山に囲まれた内陸にあるため、強い風が吹きにくく、夜間地面から熱が奪われる「放射冷却」が強まり、特に冷え込みます。さらに雪が積もっていると、昼間日がさしても、太陽からの熱は雪をとかし蒸発させるために使われ、地面がなかなか温まりません。

 

・旭川市など北海道の内陸では、冬になるとこうした条件が重なるために、富士山の山頂よりも冷え込むことがあります。

 

・実はその後の1978217日、北海道幌加内町母子里でこれより0.2℃低い気温が記録されたそうですが、気象庁の公式記録の対象から外れていたため、旭川の記録が公式の日本最低気温となっています。

 

・各地の気温はこのところ上昇傾向にあるので、この最低気温の記録が更新される可能性は少なくなっていると言えるかもしれません。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




2102687_m