・1866年1月21日は、「薩長同盟結成の日」

・1866(慶応2)年1月21日は、日本の徳川幕府の倒幕のための薩長同盟結成の日です。

・この日に、坂本竜馬・土佐藩士と中岡慎太郎・土佐藩士らの仲介により、西郷隆盛・薩摩藩士と木戸孝允・長州藩士が京都の京都上京区の小松帯刀薩摩藩家老邸で会見して、倒幕のための薩長同盟結成を図ったことに由来します。

・この日までは、長州藩が、反幕府派、薩摩藩が幕府派として激しく対立していましたが、この同盟により、両藩は、倒幕運動の中心勢力として、活躍していくことになりました。

・この同盟は、長州征伐などで後退させられた反幕府運動を立ち直らせるためのもので、坂本竜馬・土佐藩士も会見に同席しました。六カ条からなり、薩摩藩の倒幕への決意と長州藩の朝廷復帰の斡旋が中心となり、以後、倒幕運動が加速しました。

・この日の2年後の1868年には、明治維新が始まりました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



609448_m