120日は、「二十日正月の日」

 

・二十日正月とは、日本の行事。120日のことを指し、この日を正月の終りとなる節目の日とする土地も多い。 かつては正月の祝い納めとして仕事を休む物忌みの日であった。この日をもって正月の行事は終了する。 京阪神地方では、正月に用いた魚の骨や頭を酒粕・野菜・大豆などと一緒に煮て食べることから骨正月・頭正月とも言います。

 

・京阪神以外の地方でも、乞食正月(石川県)、棚探し(群馬県)、フセ正月(岐阜県)などと言って、正月の御馳走や餅などを食べ尽くす風習があります。

 

・作家の柳田國男氏の「年中行事覚書」によれば、骨正月というのは、1月も20日にもなると、正月の肴も尽きて、残った骨を食べる意味があります。

 

・この日正月の残りを、みな集めて食べてしまう習わしがあります。つまり食べることが、儀式の中心でありながら、それがそんなに、ご馳走でないところに、このような名を付けるところに、共通点があります。

 

・二十日正月とは、日本の行事。120日のことを指し、この日を正月の終りとなる節目の日とする土地も多いです。 かつては正月の祝い納めとして仕事を休む「物忌みの日」でした。この日をもって正月の行事は終了します。

 

・二十日正月とは、正月の祝い納めとして、120日に正月飾りなどはすべて外し、残った餅や正月料理を食べ尽くして正月を締めくくる1月の年中行事。この日をもって正月の行事はすべて終了します。

 

・正月用の肴をすべて食べ尽くして骨だけにしてしまうことから、二十日正月は別名「骨正月」、「頭正月」などとも呼ばれている。京阪神地方では、残った魚の骨・あらを120日に酒粕や野菜などと一緒に煮込んで食べる習慣もあったようです。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




4094277_m