1991119日は、田部井淳子氏が南極最高峰に到達した日

 

1991(平成3)年の今日119日は、田部井淳子登山家が、南極大陸の最高峰に到達した日です。

 

1991119日、今日は、日本の女性登山家の一行が、標高4,892メートルの南極大陸の最高峰ビンソンマシフの登頂に成功した日です。

 

・田部井淳子登山家は、女性として世界で初めて世界最高峰エベレストおよび七大陸最高峰への登頂に成功したことで知られました。

 

・田部井氏は、1,975年に35歳で、女性初となるエベレスト登頂に成功しました。

 

・その後、キリマンジャロ、アコンカグア、マッキンリーと、各大陸の最高峰を制覇してきました。

 

1991119日で、5大陸最高峰制覇を達成しました。

 

・その後、1,992年には、カルステンツ.・ピラミッド、エルブルース西峰の登頂に成功し、女性初の7大陸最高峰制覇をなしとげました。

 

・ご自分が求める登山ではスポンサーなどによる資金を得ずに、ご自身でお金を支払っていること、ガイド資格などを所持していないことから「登山家が自分の仕事かと言うと、そうではないと思う」と、記者のインタビューで答えています。

 

・エピソードとしては、「登山で「もうダメだ」と思ったときが三度あり、いずれも雪崩に巻き込まれたときです。一回目はエベレストの第二キャンプでテントごと雪崩に埋められ、二度目は1986年にポベーダ山の雪崩で600m流され、三度目は、その夜に再び近くを通過した雪崩の爆風に襲われ、テントごと吹き飛ばされた。ポペーダ山では1999年に登ったときにも雪崩がテントを襲ったが、早朝に出発していたため助かった」と答えています。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



704814_m