116日は、「えんままいり」

 

・日本仏教では、今日116日と716日は、「閻魔の賽日」とし、地獄の釜の蓋が開いて、鬼も亡者も休む日とされます。そのため、この日に寺院の閻魔堂に参拝する人が多いです。

 

・閻魔様は、正確には閻魔王といいます。もとは、インド神話の光明・正法の神でしたが、人類最初の死者であることから、死の神として、冥界を支配する王となりました。

 

・仏教に取り入れられて、地獄の王となり、18の将官と8万の獄卒とを従えて、地獄に落ちる人間の生前の罪悪を審判し、懲罰するとされています。

 

・特に、116日を「初閻魔」と言います。昔は、使用人が、休みを取って田舎へ帰る「藪入り」とされていました。

 

・正月16日と716日の「閻魔王の賽日」には、寺院で「十王図」や「地獄変相図」を拝んだり、閻魔堂に参詣したりしました。これを「十王詣」といいます。

 

・閻魔賽日は「地獄の釜のふたが開いて鬼も亡者も休む日」とされます。「藪入り」で帰った人が、故郷の閻魔堂にお参りに行く風習もありました。

 

・インド神話では、「十王」とは、道教や仏教で、地獄にいて亡者の罪を裁く10人の判官の尊格のことを言います。特に、閻魔王のことをさします。

 

・人間を初めとするすべての衆生は、よほどの善人か、よほどの悪人でない限りは、没後に「中陰」と呼ばれる存在となります。初七日、七七日(四十九日)、百か日、一周忌、三回忌には、順次「十王の裁き」を受けることとなっています。

 

・「中陰」とは、死者が「生と死」「陰と陽」の狭間に居るの意です。死者があの世へ旅立つ四十九日間を言います。

 

・十王は死者の罪の多寡に鑑み、地獄へ送ったり、六道への輪廻を司るなどの判断をします。生前に十王を参拝すれば、死して後の罪を軽減してもらえると言います。毎年116日は「初閻魔」で、多くの寺院では閻魔堂を開帳し、地獄変相図や十王図などを拝観させます。この日は、多くの参拝者で賑わいます。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




1229672_m