19591月の14日は、「愛と希望と勇気の日」

 

1959(昭和34)年114日は、南極観測船「宗谷」の一行が、南極昭和基地に着いた時、その前年、心ならずも置き去りにした15匹のカラフト犬のうち、タロとジロが生きているのを発見しました。

 

・この2匹の犬の勇気を称え、生きることへの希望と愛することの大切さを忘れないために、記念日に制定されました。

 

・今日、114日は「愛と希望と勇気の日」です。もうひとつの呼び名は「タロとジロの日」。

 

1983年に公開された高倉健さん主演の映画「南極物語」でも知られるカラフト犬のタロとジロにちなんだ記念日なのです。

 

1956年秋、南極観測船「宗谷」で、南極へと向かった11人の隊員と15匹のカラフト犬。1958年に第2次越冬隊がやって来るはずでしたが、厚い氷にはばまれて断念することになり、11人の越冬隊員はヘリコプターで救出されました。

 

・このとき、15匹のカラフト犬を救出できず、鎖につないだまま氷原に置き去りにされました。そして翌1959年、ヘリコプターがタロとジロの生存を確認したのです。南極から打電されたこのニュースは、世界を愛と希望と勇気で包みました。これをもとにした映画が「南極物語」です。

 

・ジロは、南極で死にましたが、タロは、1961年に帰国し、北海道で暮らしました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




2697097_m