110日、10日戎の日

 

・七福神の一柱である戎えびす神を祀る神社の祭礼を言います。

 

・主に西日本地域で行われており、商売繁盛を願って多くの人々が参拝し、縁起物を飾った笹や熊手を授かるなど、祭り行事は各神社で数日間行われています。

 

・特に、大阪市の今宮神社では、お賽銭に大金が飛び交うなど、毎年100万人以上の参拝者が訪れ、十日戎で最も大きな賑わいを見せています。

 

・兵庫県の西宮神社などのえびす神社で正月の10日に行われるお祭りで、地元の人には「えべっさん」と呼ばれ親しまれています。

 

・縁起物を沢山つけた笹が「商売繁盛、笹持ってこい!」という賑やかな掛け声とともに売られ、商売繁盛を願ってお賽銭が乱れ飛びます。

 

・ちなみに、「笹を持って来れば商売繁昌させます」もしくは、「商売繁昌したら、また戻ってきなさい」の意味だそうです。

 

・大阪の今宮戎神社、兵庫県の西宮神社などのえびす神社で正月の10日に行われるお祭りで、地元の人には「えべっさん」と呼ばれ親しまれている。前日19日を「宵戎」、翌日111日を「残り福」と言う。縁起物を沢山つけた笹が「商売繁盛、笹持ってこい」という賑やかな掛け声とともに売られ、商売繁盛を願ってお賽銭に1万円札が乱れ飛ぶ風景が毎年のこの日にみられます。

 

・近畿以西で110日に行われる行事。えびす(戎・夷・恵比須)は本来漁業神ですが、東日本などでは農業神とも考えられ、それに対して兵庫県西宮市の戎社(西宮神社)の信仰圏では、市の日と結び付けたものか110日で、9日を宵(よい)戎、11日を残り戎といいます。大阪市の今宮戎神社では宝恵籠といって、盛装した芸妓たちがあでやかな練り込みをします。東京の酉の市と同様、ササに種々の縁起物をつるした福笹を売ります。京都建仁寺や福岡市の恵比須神社にも十日戎があります。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




333248_m