1986110日、「110番の日」

 

1986(昭和61)年110日、警察の代名詞となっているダイヤル110番に関心をもち、身近な利用を呼び掛ける趣旨で、警察庁などが、1986年のこの日に制定した記念日です。

 

1985(昭和60)年に警視庁が制定し、翌1986(昭和61)年)から実施されています。

 

110番に関心を持ってもらい、また110番の適切な利用を推進することを目的とし、110番に因んで110日となりました。この日には警視庁での通信指令センターの一般公開など、全国の警察において関連のキャンペーンが行われています。

 

110番はGHQの勧告で1948(昭和23)年101日に、東京等の8大都市で始められました。東京では最初から110番でしたが、大阪・京都・神戸では1110番、名古屋では118番など地域によって番号が異なっており、全国で110番に統一されたのは1954(昭和29)年でした。

 

・交番や駐在所は、地域住民の身近な所にあり、そこにお巡りさんが勤務して、地域住民のみなさんの暮らしの安全を守る活動をする拠点となっています。交番は、主として都市部に置かれ、お巡りさんが交替で警戒活動を行っています。 駐在所は、原則として1人のお巡りさんが家族とともに地域に居住し、地域の安全を守る活動を行っています。

 

・町の中に交番の建物を置き、そこを中心に制服の警察官が活動するという制度は、明治7年に東京で生まれました。当初は、建物はなく、街なかの交差点などに警察署から出向いて街を守っていたのですが、雨の日や風の日など大変だったので、明治14年から交番の建物が建てられ、今のような制度で活動することになりました。

 

・現在では、交番制度は、外国に輸出されるなど、地域住民の安全を守るために日本警察が作った世界に誇るシステムとして、日本警察の大きな特徴となっています。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





788920_m