17日、「昭和天皇が崩御された日」

 

1989(昭和64)17日は、昭和天皇が崩御された日です。

 

・昭和天皇は、1926(昭和元)年から124代天皇として約62年在位され、歴代在位最長を記録されました。

 

・昭和天皇は、第二次世界大戦前に即位され、日本が復興するまで、明治憲法に定められた「統治権の総覧者」としての天皇と日本国憲法に定められた「象徴天皇」の両方を経験なさいました。

 

1989年(昭和64年)17日、昭和天皇の崩御に伴い、皇太子明仁親王殿下が新天皇に即位され、政府は元号を昭和から「平成」に改める政令を公布しました。新元号の施行は18日午前0時からの「翌日改元」でした。

 

・翌18日は冷たい雨が降るなか、皇居前広場には30万人以上が昭和天皇の弔問記帳に訪れました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





470458_m