195913日、「アラスカ州成立」

 

1959年の今日13日にアラスカ州が、成立しました。アラスカ州は、アメリカ合衆国最北端にある州です。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっています。

・アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境があります。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市です。

・アメリカ合衆国50の州の中で一番北に位置するアラスカ州は、面積がなんと日本の国土の約4倍にあたり、もちろんアメリカ最大の州です。州の面積のうち、約35%が国立公園および自然保護区、野生保護区に指定されており、北アメリカ最高峰のマッキンリー山を含むデナリ国立公園などが有名です。野生動物ウォッチングをしたり、冬にはオーロラを観測することもできます。

・アラスカ州が正式にアメリカの49番目の州となったのは1959年のことですが、それより90年以上前の186749日に、当時ロシアの植民地だったアラスカを、アメリカのウィリアム・H・スワード国務長官が当時の価格720万ドルで購入しました。当時のアメリカ国民の多くはアラスカを購入する価値のある土地だとは考えていなかったため、非難されてしまいました。しかし、後に金をはじめとした豊富な資源が見つかったことや、位置的に国防上重要な役割を果たすことが判明したことにより、スワード国務長官の買収が評価されることになりました。

1867年に購入されてからはアラスカ県と呼ばれ、自治政府が存在しない状態でしたが、1884年にアラスカ地区として独自の政府を持つ権限が与えられました。1912年にはアラスカ準州となり、第二次世界大戦を経て195913日に正式に州へと格上げされ、今日にいたります。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




2161854_m