195511日、トヨタ自動車から初代「クラウン」が販売された日

 

・戦後、GHQの影響もあって導入が一気に増えてきた外国車に対抗すべく作られた高級感ある高スペック国産車は、トヨタの上位モデルとして多くの日本人を魅了し大ヒット車種となりました。

・トヨタクラウン車は、官公庁などの公用車や企業の社用車としても広く採用され続けて、日本を代表する車種のひとつです。トヨタの量販車種の中でも最上級モデルの地位を長く担い、「いつかはクラウン」というキャッチコピーにも象徴されるように、一般に高級車として認知されています。当初からオーナードライバー向けの乗用車として開発され、その時代ごとにトヨタが提案をし、消費者が求める日本の高級車像が反映されてきました。またその長い歴史を通じ、官公庁などの公用車、企業の社用車としても用いられています。

・戦争が終わって10年後の1955年は、日本の自動車史にとって大きな意味を持っています。トヨタからトヨペット・クラウンが発売されました。戦前から自動車生産は始まっていたし、戦後もさまざまなメーカーが自動車の製造に乗り出していた。それでもクラウンの登場が画期的だったのは、このクルマが純国産乗用車と呼べるものだったからです。

1945年の9月、GHQは軍需工場を民需に転換させるよう指令を出した。これにより、戦時中に軍用車を製造していたトヨタや日産は、民間用の自動車を製造することになった。ただ、GHQが指定したのはトラックの生産のみであり、乗用車の生産は許可されなかった。

・そこで当時の通産省が推進したのが、欧米の自動車メーカーとの技術提携です。外国車生産を請け負う中で技術を学び、部品の国産化率を高めていったのです。ただ、トヨタはその路線をとらず、自力で国産乗用車を開発する道を選びました。

・自家用車としても、クラウンは高い人気を集めました。初代クラウンは、大衆の憧れの存在となりました。

・かくしてクラウンは、その初代の5年間で現在の国産車の基礎を築き上げてしまい、日本の自動車技術はこのクラウンを作ったことで一気に向上しました。独自開発にこだわってトヨタが作り上げた純国産乗用車は、その後の日本の自動車産業が発展していく礎となりました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




169295_m