・今日は、大晦日・大晦(1231日)、一年の最後の日

 

・今日は、大晦日・大晦(1231日)、一年の最後の日。

 

・月末のことを「晦日(みそか)」「晦(つごもり)」と言い、年末の最後の晦日なので「大晦日(おおみそか)」「大晦(おおつごもり)」と言います。

 

・もともと「みそか」は「三十日」の意味があります。「つごもり」は「月隠り(つきごもり)」が転じたもので、旧暦では毎月1日が新月であり、その前日を「つごもり」と呼びました。

 

・晦日は旧暦の月の動きと大きく関係しています。「晦」は月の満ち欠けが変化する様子を表わす言葉の1つで、月が隠れることを意味しています。晦日は別名「つごもり」とも呼ばれ、同じく「月が隠れる」という意味の「月隠り(つきごもり)」が転じた読みです。

 

・旧暦は月の満ち欠けで暦が決まっていました。新月を1日とし、月が隠れる「晦」の頃がおおよそ30日であったことから、30日を晦日と呼ぶようになったのです。今でも30歳を「みそじ」ということがあるように、「みそ」がもともと30の読みであることをみると理解し易いです。

 

・つまり、実際の日付が30日でなくとも毎月の末日を「晦日」と呼び、晦日の中でも1年を締めくくる12月には大をつけて「大晦日」と呼んでいます。

 

・年越しの夜のことを「除夜(じょや)」とも言います。かつては、除夜は年神を迎えるために一晩中起きている習わしがあり、この夜に早く寝ると白髪になる、皺が寄るといった言い伝えがありました。

 

・大晦日の夜である除夜には、各家庭で年越しそばが食べられ、寺では除夜の鐘が撞かれるなどして、一年の神である「歳神」を迎えるため、朝まで眠らずに過ごす慣習があったようです。

 

・蕎麦には、「新年も細く長く幸せをそばからかきいれる」との願が込められ、残さずに食べきるとより多くの幸に恵まれ、除夜の鐘が108回撞かれるのは、百八煩悩を洗い清める効果があるとされています。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

262119_m