19531231日、「NHK紅白歌合戦」

 

1953(昭和28)年1231日は、国民的行事である第4回NHK紅白歌合戦のテレビ放送が始まりました。、その年のヒットソングや過去の名曲を、男性歌手が白組、女性歌手が紅組に分かれて歌合戦をします。第1回から第3回はNHKラジオの正月番組放送でしたが、第4回からは、テレビ放送で、大晦日の夜の実況中継放送になりました。

 

・第4NHK紅白歌合戦は、1953年(昭和28年)1231日に日本劇場で行われました、通算4回目のNHK紅白歌合戦は、2115分 から2245分にNHKテレビで生放送されました。

 

・過去3回の紅白はNHKスタジオで正月番組として開催していましたが、人気番組となり、観覧希望も殺到するようになったため、テレビ放送開始に合わせてこの回から外部会場を借りて開催することとなりました。しかし各会場は正月公演のためにすでに埋まっており、菊田一夫氏の伝手で日本劇場を抑えましたが、日劇のスケジュールの都合で大晦日に開催することとなりました。

 

・当時、大晦日に興行やコンサートを行う習慣はなく、さらに当日は昼過ぎから雪が降り出したにもかかわらず、日劇には観覧希望者で長蛇の列が出来ました。以後、紅白歌合戦は大晦日の風物詩として定着することになりました。

 

・男女歌手の対抗形式で歌や演奏を披露します。当初は正月のラジオ番組でありましたが、NHKがテレビ放送を開始した後は大晦日の夜に移動し、「1年の締めくくり」の代名詞となりました。放送が延期・中止されたことは1度もありません。

 

・日本を代表する人気歌手が大勢出演し、さらに歌手以外のゲストなどもその年人気を博した人物が選出されるため、放送開始当初から高視聴率を記録、深夜に及ぶ時間帯の番組でありながら、年間視聴率の上位に食い込み、多くの年で通年の最高値を弾きだしています。そのため国民の関心は高く、毎年、年の瀬から正月にかけて、新聞、雑誌から、民放局までが紅白に関する話題を取り上げています。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





3568171_m (1)