1229日、「福の日」

 

1229日は、お正月行事本来の意味や言われを知って福を招く一日です。日付は、お正月前の29日「ふく」と読む語呂合わせからです。

 

・お正月の食卓には欠かせないおせち料理。その中につかわれている様々な水産練り製品などを製造・販売をする東京都中央区銀座の株式会社紀文食品が、記念日として制定しました。

 

・日付は、お正月前ということで12月、日は「ふく(29)」(福)と読む語呂合わせから。正月行事本来の意味・謂われを知ることで福を招いてもらうことが目的。また、この日には買い物や大掃除をして正月に備えようと提案している。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。

 

・お正月の準備のほとんどは、「年神様」をお迎えするためのものです。

 

・「すす払い」をして家をきれいにして、「しめ飾り」で聖域としての結界を作ります。そして、年神様に見つけてもらう目印として「門松」を立て、「鏡餅」を飾ります。

 

・それから年神様へのお供えとしての「おせち料理」や神様と一緒に食べるための「祝箸」を用意します。神様を家にお迎えします。

 

・年神様をお迎えする伝統行事とは関係なく、江戸の町民の間で広まった風習が「年越しそば」です。

 

・12月29日、そろそろ年越し・お正月準備も佳境に入ります。なんとなく続けていた習慣でも、それぞれの本来のいわれを知ると、なかなか味わい深いものがありますね。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




2905306_m