18951228日、「シネマトグラフの日」

 

18951228日は、フランスのオーギュスト及びルイのリュミエール兄弟が、世界最初の映画興行を、フランスのパリのキャプシースの街のグランキャッフェの地下街で行ったことを記念して制定されました。上映作品は、10本で、いずれも長さ17メートルの短編作品でした。

 

・シネマトグラフとは、世界初の撮影と映写の機能を持つ複合映写機です。世界初の実写映画の作成と映画を商業公開することで映画史に名を残しました。リュミエール兄弟は、トーマス・エジソン氏と並び称せられるフランスの映画発明者。「映画の父」と呼ばれています。世界初の実用カラー写真の開発者でもあります。

 

1890年にアメリカのエジソンがキネトスコープを発明し、1895年にはフランスのリュミエール兄弟がシネマトグラフを発明しています。ロール状のフィルムを使って動画を見せることでは両者とも同じなのですが、エジソンのキネトスコープはのぞき窓型で1人でしか鑑賞できないスタイルだったのに対して、リュミエール兄弟のシネマトグラフは、現在の映画館と同じくスクリーンに映像を投影して、一度に多くの人々が鑑賞できるスタイルでした。そのため映画の発明はリュミエール兄弟と言われています。

 

・シネマトグラフを用いて、1894年に世界初の実写映画「工場の出口」が作成されました。製作・監督はルイ・リュミエール氏、フランスのリヨンで撮影された、50秒ほどのモノクロ無声ドキュメンタリー映画でした。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




419279