1225日、クリスマスの日

 

1225日は、クリスマスは、イエス・キリスト降臨祭です。

 

・キリスト教の教会では、前夜祭として、クリスマス当日にかけて深夜ミサが行われます。教会では賛美歌を歌い、キリスト誕生の話が語られます。

 

・ユダヤ暦およびそれを継承する教会暦では、日没をもって日付の変り目とします。

このためこの種の暦を採用する教会では、クリスマス・イヴの日没からクリスマスを起算するため「クリスマス・イヴ」は既にクリスマスに含まれています。

 

・そのため、イヴは「前日」ではなく「夜」という意味であり、クリスマスイブは「クリスマスの前日」ではなく「クリスマスの夜」という意味になります。

 

・クリスマスとは、「降誕祭」とも呼ばれるクリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う祭日です。キリスト教圏の諸国では、国によって、また教派によってさまざまなスタイルで祝います。

 

・クリスマスはイエス・キリストの誕生日と思うかもしれませんが、実はそれとは関係ありません。キリストの誕生日は聖書にも記述がなく、クリスマスはあくまでキリストの誕生を祝う日とされます。

 

・また、サンタクロースは聖人・聖ニコラウスに由来します。貧しい家庭の少女を救った聖ニコラウスの逸話が、靴下にプレゼントを入れることが、習慣となりました。

 

・日本ではそれらの文化を輸入して、クリスマスツリーやクリスマスリースを飾ったり、クリスマスケーキや七面鳥を食べたりすることが一般的です。クリスマスシーズンになると、街はクリスマス一色になり楽しいムードが生まれます。ツリーやリースを準備して、プレゼントを贈ったりケーキを食べたりするひとときは年末の重要なイベントです。






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

4148488_m