19581223日、「東京タワー完工式記念日」

 

1958(昭和33)年1223日は、東京港区芝公園内に、テレビ電波等を送信する集約電波塔である東京タワーが完成し、その完工式が行われました。当時の地上333メートルの高さは、フランスのパリのエッフェル塔より、13メートル高く世界一のタワーでした。海抜150メートルと、250メートルに、展望台があり、約1000名を収容出来るトラス構造の電波塔であり、東京の新名所となりました。

 

・東京タワーは、日本の「塔博士」とも称される内藤多仲氏らによって設計されました。塔脚の間隔は88メートル。総工費は、当時のお金で約30億円、1年半と延べ約22万人の人員を要して完工しました。なお、重量については約4,000トンとされています。

 

・昼間障害標識として、頂点より黄赤色と白色を交互に配した塗装となっています。テレビおよびFMラジオのアンテナとして放送電波を送出し、東日本旅客鉄道の防護無線用アンテナとして緊急信号を発信するほか、東京都環境局の各種測定器なども設置されています。

 

・自立式鉄塔としては東京スカイツリーに抜かれるまでの約51年半は日本一の高さでした。現在は東京スカイツリーに次ぐ日本で2番目に高い建造物です。

 

・東京タワーの建主は株式会社TOKYO TOWERであり、管理ならびに運営も同社で行っています。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




2842554_m