19821223日、テレホンカードの日

 

1982(昭和57)年1223日は、東京・数寄屋橋公園にカード対応の公衆電話が初登場した日を記念して日本電信電話公社が、記念日に制定しました。これを始まりとして、テレホンカード対応の公衆電話は首都圏から設置が進められ、全国に普及していきました。

 

・携帯電話が普及する前、外出先から連絡を取るのに重宝されたのが公衆電話です。この公衆電話にプリペイド方式の磁気カード、「テレホンカード」が導入されました。

このカード式公衆電話の第1号機が東京・数寄屋橋公園に設置されたのが、1982年の1223日です。

 

・これより10年程前の1972(昭和47)年に、日本国内で百円硬貨の利用できる黄色の公衆電話機が設置され始めました。しかし、この黄色の公衆電話は、百円硬貨を使用した場合に釣り銭が返却されない構造でした

 

・そこで、釣り銭の現金払い出しに代わる手段として、磁気媒体を利用するカード式公衆電話が開発・製造されました。カード式のため小銭が不要であり、1度数(10円)単位で引き落とされるため無駄がなく、長時間通話時にも常に硬貨を投入し続ける必要がない等のメリットもあって普及しました。

 

・しかし、1990年代半ばから携帯電話が普及したことで公衆電話の利用率が減少したため、テレホンカードの必要性も大きく変化しました。

 

・現在は、携帯電話の台頭で、公衆電話そのものが減少して、テレホンカードの流通は、下火となっています。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




2451844_m