今日は何の日

「今日は何の日」は、今日、過去に起こった注目すべき出来事等をご案内致します。

    「今日は何の日」は、今日、過去に起こった注目すべき出来事等をご案内致します。

    2019年05月

    1989531日、「世界禁煙デー」制定日

    1989(平成元年)年531日は、国連の世界保健機が、世界人類の健康のためにと設けた日で、国際デーの一つにあたります。

     

    1987年の世界保健機関決議により、世界保健機関が設立40周年を迎える198847日が「第1回世界禁煙デー」と定められました。1988年に採択された決議で世界禁煙デーを毎年531日とすることが定められ、翌1989年以降この日に実施されています。

     

    2007531日の前後に、「たばこの煙がない環境」をテーマとして、各国でさまざまな活動が行われました。世界保健機関は完全禁煙に向けた行動を起こすようアピールするとともに、社会から、禁煙の習慣が無くなることを、目指しています。

     

    ・世界禁煙デーの2009年の標語は、「警告:たばこの健康被害」です。その内容は、毎年、世界で、500万人が、喫煙が原因とみられる癌や心臓病で亡くなっており、このままでは、2030年代初頭には、喫煙による死亡者が、年間1000万人に達すると、世界保健機関は警告しています。

     

    2003年施行された健康増進法では、受動禁煙の防止が盛り込まれるなど、禁煙に対する機運は年々高まっています。

     

    ・日本では、1992年から、この日を初日とした「禁煙週間」(昭和531日から、66日)を、厚生省、日本医師会、日本公衆衛生協会が唱え、さまざまな取り組みをしています。

     

    ・また、たばこの煙から子供達を守るため、2020年を見据えた受動喫煙のない社会を目指そうといったテーマを禁煙週間に掲げました。
    084157

     

    1982530日、「お掃除の日」制定日

    1982(昭和57)年530日は、関東地方知事会空き缶対策推進委員会が、1982年に設けた日です。

     

    530日の語呂合わせから530(ゴミゼロ)の日は、空き缶公害や梅雨時に向けて掃除の大切さを呼び掛けます。

     

    ・各自治体では、川や公園などの掃除、空き缶公害を訴えるキャンペーンをおこなっています。そして、住民による清掃活動や啓蒙行事が行われています。

     

    ・例えば、愛知県豊橋市では、1975年に、豊橋山岳会長により、ゴミを減らすことを心がけるための運動が、豊橋市で始まりました。これが、やがて全国に広がり、毎年この日は、多くの自治体で、ゴミゼロ(530)運動が、行われています。

     

    1979年全国組織の530運動総連合が出来、1993年には、環境庁、厚生省も、「環境美化行動の日」としています。

     

    ・また、日本電機工業会のお掃除を見直す会でも、1986(昭和61)年から、ダニやカビが多く発生する梅雨時に向けて掃除の大切さを呼び掛けるために、この日を設定して、掃除機の普及を含めてキャンペーンを行っています。

    705420

    1953529日、「エベレスト初登頂」記念日

    1953(昭和28)年529日は、世界最高峰の高さ8848メートルのエベレストに、英国登山隊が、人類初の登頂に成功しました。

     

    ・頂上を極めたのは、ニュージーランド出身のエドモンド・ヒラリー登山家とネパールのシェルパのテンジン・ノルゲイ氏でした。

     

    ・この年1953年の英国エベレスト登山隊は、1921年の初遠征以来、9回目の挑戦で、まさに背水の陣で臨んだ快挙でした。

     

    ・この快挙で、エリザベス二世女王の戴冠式が間近でしたイギリスは、大きな喜びに包まれました。

     

    エドモンド・ヒラリー氏は、一躍、時の人となり、19537月に、イギリス王室から騎士(ナイト)の叙勲を受けました。さらに、19954月には英国最高勲章となる「ガーター勲章」も授与されています。

     

    ・その後、エドモンド・ヒラリー氏は、イギリスの南極横断遠征隊に参加し、1958年にトラクターで南極点にも到達しました。

     

    20037月にはニュージーランドの最高峰マウント・クックの麓の山岳リゾートホテル「ハミテージ・ホテル」前には、エドモンド・ヒラリー氏の銅像が建てられました。また、ニュージーランド・ドル紙幣の肖像ともなっています。

     

    ・エドモンド・ヒラリー氏は、2008111日に、88年の生涯を終えた時には、ニュージーランドのオークランドで、ニュージーランド国葬が行われました。

    42b04b79f20fe505d2aec45a830ba729_t[1]

    1994528日、「ゴルフの日」記念日

    1994(平成6)年528日は、スポーツ用品メーカーのミズノの直営店のエスポートミズノが制定したスポーツ記念日です。

     

    1927(昭和2)年のこの日、1回日本オープン・ゴルフ選手権が横浜・保士谷カントリ―で開かれ、アマチュアの赤星六郎が優勝しました。

     

    ・この日を記念して、日本のゴルフの出発点となり、ゴルフ人口が更に増えることを願って制定したのが「ゴルフの日」です。

     

    ・第1回日本オープン・ゴルフ選手権の大会に参加したのは、プロ選手が5人、アマチュア選手が12人の合計17人だけでした。

     

    ・プロ選手が、少ないとはいえ、アマチュア選手の赤星六郎氏が優勝したことで、ゴルフ人気は、一段と上昇しました。

     

    ・日本オープン・ゴルフ選手権は、第14回までは、春か秋どちらかで行われていましたが、第二次世界大戦後の第15回以降は、秋にのみ行われるようになりました。

     

    ・アメリカでゴルフの実力を付けた赤星六郎氏は、兄の赤星四郎氏とともに、ゴルフの指導者として、沢山の選手を育てました。

     

    ・その後、赤星六郎氏は、ゴルフ雑誌の編集にも参加し、1930年(昭和5年)に来日したチャールズ・ヒュー・アリソン氏に強い影響を受けてゴルフ場の設計に携わり、神奈川県の相模カンツリー倶楽部と千葉県の我孫子ゴルフ倶楽部の設計を行ないました。

    4d2427deb923718a44fa095b3139c617_t[1]

     

    1952527「掃海殉職者慰霊祭」の発足日

    1952(昭和27)年527日は、「掃海殉職者慰霊祭」の発足した日です。

     

    ・「掃海殉職者慰霊祭」は、毎年、香川県の金刀比羅宮で、527日の週に、海上自衛隊呉地方総監部によって、行われている追悼式です。

     

    ・第二次大戦中、瀬戸内海や日本海に設置された約67千個もの機雷を、大戦後に撤去する作業に従事して殉職された79人の方の御霊に追悼の意を捧げるもので、1952年に、海にゆかりのある110県にわたる32港湾都市の市長たちが、発起人となって、金刀比羅宮に建立された掃海殉職者慰霊碑の前で行われます。

     

    ・香川県の金刀比羅宮に慰霊碑が建立されたのは、金刀比羅宮が、漁業や航海の神様を祀っているからとされています。

     

    ・追悼式の行われた週末は、高松港にて海上自衛隊の掃海艇の一般公開や、体験搭乗が出来るイベントが、開催されています。

     

    ・第二次世界大戦以前には、1905527日からは、日本海海戦を記念して、海軍記念日でしたが、1945年の日本の敗戦により、海軍記念日は、廃止となりました。

     

    ・現在では、第二次世界大戦などで亡くなられた方たちの慰霊の日として、海上自衛隊による慰霊祭や、海上自衛隊の仕事を知ってもらうためのイベントなどがおこなわれています。

     
    f59d7b069baae88ac87320133138807f_t[1]

    1969(昭和44)526「東名高速全通記念日」

    1969(昭和44)年525日、大井松田から御殿場間が全通し、全長346.7キロメートルの東名高速道路(東海道自動車道)が全通しました。

     

    4年前に開通していた名神高速道路と結んで、日本最大の高速自動車道となりました。

     

    ・まさに、東海道メガポリスを貫く交通動脈の誕生となりました。

     

    ・更に、九州自動車道が、1995(平成7)年7月に全線開通したことによって、鹿児島から青森まで高速自動車道で、結ばれたことになりました。

     

    ・高速道路を造りますと、人や物を早く運ぶことが出来、人々の生活は、便利になります。東名高速道路の工事は、1962年に開始されました。関係者の努力によって、1969年完成し、現在も、日本経済を支えつづけています。

     

    ・中日本高速道路東京支社と東名・新東名経済波及効果検討会は、東名高速道路(東京都世田谷区愛知県小牧市)が1969年に全線開通して以来50年の経済波及効果が約60兆円に上るとの試算を発表しました。

     

    ・東京都や神奈川、静岡、愛知の各県を中心に経済効果をもたらし、2018年単年では、日本の生産額を約1.6兆円引き上げたといいます。

     

     76fb3afb74e68c0cb2d3aff1278fe9a0_t[1]

    1899525「日本初の食堂車登場日」

    1899525日、日本で初の食堂車が、私鉄山陽鉄道の急行列車に登場しましたことを、記念して記念日としました。

     

    ・食堂車は、一等車から二等車専用で、京都から三田尻間の区間でした。メニューは、洋食のみでした。初の和食食堂車は、19064月の国鉄東海道本線の三等車急行でした。

     

    ・その後、各急行・特急列車に食堂車が連結され、時刻表には、和洋の別が記載されました。

     

    ・戦時中は、一時期姿を消していましたが、戦後しばらくして、復活します。その後は、鉄道旅行の楽しみの一つとして、多くの人に親しまれました

     

    ・汽車の旅の楽しみの一つに、食がありました。しかし、列車がスピードアップするにつれて、営業時間の関係からか、食堂車は、消えつつあります。

     

    ・現在では、食堂車を連結する列車は、大幅に減り、少数の夜行列車だけになってしまいました。

     

    ・しかし、今では、移動手段ではなく、列車の旅そのものを楽しむ食堂車つきの観光列車が運行されるようになりました。地域の食材を使った食事などを売りにした観光列車が、走っています。

     

    ・ちなみに、世界最初の食堂車は、1868年、米国シカゴ・ノース・ウエスタン鉄道において、出現しました。

    f7d49d4e4e31a9e8d9f809781dee4b11_t[1]

    1960(昭和35)524「チリ地震津波発生日」

    1960523日午前4時すぎ(日本時間)、南米チリ南部でマグニチュード9.5という観測史上最大の超巨大地震が発生しました。これによって生じた大きな津波は平均時速750kmという高速で太平洋を横断し、22時間半後の524日午前3時ごろに太平洋の真向かいにある日本列島の沿岸に達しました。

     

    ・三陸海岸では、高さ5から6メートルの津波を観測しました。この津波により、日本全国で、142名の犠牲者を出しました。

     

    ・このように非常に遠方で生じた津波が伝わってきた場合,これを遠地津波と呼んでいます。

     

    ・遠地津波は、強い震動が感じられない、到達までに長い余裕時間がある、波動の周期が長い、長時間継続するなどの特色があり、近海で起こる近地津波と区別されます.

     

    ・日本はチリからみて地球の真裏近くにあり津波がくる場所にあたるので、太平洋沿岸の他の地域に比べ津波が高くなりました。

     

    ・津波到達の標高は三陸海岸で8mを越え、全国で死者139名、住家の流失・全壊2,830棟などの大きな被害が生じました。

     

    ・被害の発生は北海道から沖縄に至る太平洋岸のほぼ全域に及びました。

     

    ・死者が特に多かったのは三陸リアス海岸の湾奥に位置する岩手県・大船渡市と宮城県志津川町でした.津波の周期は50分ほどと長く、大船渡湾ではこの長周期波と共振して波動が増幅され,被害が大きくなりました。

     

    ・津波は7時間前にハワイ島に到達し死者などの被害を引き起こしており、その情報は米軍を通じて伝えられていたのですが、警報が出されたのは津波が日本に到達し各地から潮位の異常変化が報告されてきてからのことでした。

     

    ・これを契機にして太平洋津波システムに日本も組み入れられ、遠地津波に備える体制がつくられました。

    1264141

    1915523「日本初の地下鉄の開通日」

    1915523日は、日本初の地下鉄が開通しました。当時は、貨物用で、郵便物を受け渡すために、東京駅と東京鉄道郵便局の200メートルを走行しました。

     

    ・日本で最古の旅客用地下鉄といえば、1927年に開業した、現在の東京メトロ銀座線浅草~上野間を思い浮かべる方も多いかと思いますが、じつはその12年前に最初の地下鉄が作られていたのです。

     

    ・旅客用地下鉄は、1927 1230に、東京の上野-浅草間に開通した、現在の東京メトロ銀座線の一部となる日本初の旅客用地下鉄が完成しました。日本で最初の地下を通る鉄道としては、東京駅と東京鉄道郵便局(現在のJPタワーの場所)の間を結んだ荷物(郵便物)運搬専用のものでしたが、旅客用の鉄道はこの上野・浅草間のものが日本初となります。

     

    ・世界で14番目の地下鉄で、営業開始は1927 1230日の午前6時、乗客は、約2.2キロメートル、450秒の地下鉄の体験が出来ました。

     

    ・電車のドアも自動開閉式のものでした。運行区間は、歩いても30分ほどしかかからないわずかな距離でしたが、乗車に1時間待ちの行列ができるほどの大盛況だった。

     

    ・日本最初の地下鉄は、荷物(郵便物)運搬専用で、距離も数百メートルと小規模なものでしたが、その遺構は現在でも東京駅の地下に残っているそうです。

     

    ・イギリスのロンドンでは、1863年、フランスのパリは、1900年、アメリカのニューヨークでは1904年に地下鉄が開業しています。

     

    ・なお、世界で最も古い地下鉄は、1863年に敷設されたロンドンの鉄道です。パディントン駅からファリンドン・ストリート駅(現在のファリンドン駅)の間、約6kmの区間です。

    2fe2cf602d23dc7ebbec78ae18a6ba5b_t[1]

     

    1988(昭和63)年522「ガールスカウトの日」制定

    ・ガールスカウトは、約100年前にイギリスで発祥しました。日本では1920年に始まり、2020年には100周年を迎えます。現在、国籍・人種・宗教の違いを超え、150の国と地域で約1,000万人の会員が活動する、世界最大の少女と女性のための団体です。

    日本には47都道府県全てに活動の拠点があり、5歳から100歳を超える女性まで、約4万人がいます。

     

    ・日本のガールスカウトの始まりは、1920(大正9)に東京で結成された日本女子補導第1組とされています

     

    ・その後、組織として再構築しようと、初の準備員会が開かれたのが戦後の1948年の522日です。

     

    ・これを記念して、社団法人ガールスカウト日本連盟が、1988年の522日にガールスカウトの日を制定しました。

     

    ・日本のガールスカウト運動は、第2次世界大戦で中断されていました。ガールスカウト日本連盟が結成されたのは、準備委員会発足から2年後のことです。

     

    ・ガールスカウトは、もとは、ガールガイドと呼ばれる組織でした。そのガールガイドが日本に伝わったのは、1919年のことと言われます。翌年1920年に東京で日本女子補導第1組が結成されました。1921年には、イギリスの本部にも連結する日本女子補導団が設立されました。

     

    ・戦後、組織が再編される際に、現在の「ガールスカウト」の名称が定着しました。

     

    ・そして、日本の全国的組織である社団法人ガールスカウト日本連盟は、昭和27年、文部省の認可を受けました。

     

    社団法人ガールスカウト日本連盟は、「やくそく」と「おきて」を心のよりどころとし、「自己啓発」「人とのまじわり」「自然とともに」の三つを活動ポイントとしています。

     

    ・日本ガールスカウトの小学校1年から成人まで、五つの部門別組織によって、プログラムが組まれています。

    1263350

    1927(昭和2)年521は、リンドバーグ翼の日

    1927年(昭和2年)521日、アメリカのチャールズ・リンドバーグ飛行家が、愛機225馬力エンジンつきライアン単葉機「スピリット・オブ・セントルイス号」で、世界初の大西洋無着陸横断単独飛行に成功したことを、記念日としたものです。

     

    リンドバーグ飛行家は、33時間39分でニューヨークからフランスのパリ間5816キロメートルを飛行しました。

     

    1927520552分、リンドバーグ飛行家はスピリット・オブ・セントルイス号にサンドイッチ4つと水筒2本分の水、1700リットルのガソリンを積んでニューヨーク・ロングアイランドのぬかるんだルーズベルト飛行場の滑走路を離陸しました。

     

    5212221分、パリのル・ブルジェ空港に着陸し、大西洋単独無着陸飛行に世界で初めて成功しました。この時、リンドバーグ飛行家は25歳でした。

     

    ・これによりリンドバーグ飛行家は、ニューヨーク-パリ間を無着陸で飛んだ者に与えられるオルティーグ賞とその賞金25,000ドル、さらに世界的な名声を得ました。無着陸飛行を達成した際にル・ブルジェ空港へ押し寄せた観客の数は、空港に入り切らなかった分も含めて延べ75万人とも100万人ともいわれています。

     

    ・この愛機ライアン単葉機「スピリット・オブ・セントルイス号」は、現在、ワシントンのスミソニアン宇宙航空博物館に保存されています。

     

    ・のちにこの快挙は、映画化され、ビリー・ワイルダー監督『翼よ!あれが巴里の灯だ』ジェームズ・ステュアート主演で大ヒットとなりました。

    8648313db57209bd8a73d097f2ac51e3_t[1]

    1978(昭和53)年520は、成田国際空港が開港した日

    1978年(昭和53年)520日に、成田国際空港の前身である新東京国際空港として開港し、2004年(平成16年)41日、成田国際空港株式会社法が施行され、空港を管理する新東京国際空港公団が、成田国際空港株式会社に改組し、民営化に伴い正式名称を「成田国際空港」と定めました。

     

    ・しかしこの間、1966年(昭和41年)7月に千葉県成田市三里塚に空港建設が閣議決定されてから12年かかっての開港でした。当初、土地買収に伴う移転や騒音問題などにより、地元住民からの強い反発があり、反対運動が展開されました。

     

    ・また、通常の国際空港なら並行して2本ある滑走路は1本のみで開港し、この日の開港式典は、厳しい警戒の中で行われました。

     

    2004年(平成16年)41日に民営化されたのに伴い、空港の正式名称は「新東京国際空港」から「成田国際空港」に改称されました。

     

    ・一般的には「成田空港」と呼ばれることが多いですが、正式名称が新東京国際空港であった時から、所在地である成田市の名前にちなんで成田空港と呼ばれていました。

     

    ・成田空港は、現在の東京国際空港(羽田空港)の処理能力が限界に近づいたため、新しい空港を建設したものです。

     

    ・時は経ち2017年。成田国際空港では第3滑走路の建設が予定されています。

     

    ・現在成田国際空港は、国際線の発着回数と乗り入れ航空会社数が日本で一番多い、日本の表玄関です。

     917ae405bb5e5c9d6e1266b87bad31af_t[1]

    1952(昭和27)年519は、「ボクシング記念日」制定

    1952(昭和27)年519日に東京の後楽園球場の特設リンクで行われたボクシング世界フライ級タイトルマッチで、挑戦者の白井義男選手が、アメリカのチャンピオンのダド・マリノ選手に15回判定勝ちをして日本人初の16代目の世界チャンピオンに輝きました。

     

    ・これを記念して、日本プロボクシング協会が、2010(平成22)年に、この日を「ボクシングの日」に制定しました。

     

    ・白井選手は、当時30歳と遅咲きの栄光でした。しかし、敗戦で沈んでいた日本人の心に希望の灯を灯しました。敗戦からまだ数年しか経っていない日本にとっては、本当に希望の光とも言えるスポーツの大きな出来事でした。

     

    ・栄光の背後には、白井選手を見出してトレーニングを指導した名コーチのアルヴィン・カーン氏がいました。

     

    1952518日は、「世界タイトルを日本人の手に」の夢を実現した日でもあります。米国流の「打たせず打つ」の合理的なスタイルを教え込んだのも、アルヴィン・カーン氏でした。

     

    ・ボクシングは、過酷なスポーツです。一対一で相手と殴り合って勝たねばなりません。体力と技術力とともに、強い精神力が必要です。

     

    ・白井選手は、その後世界フライ級王座を4度防衛しました。当時としては、大変な偉業でした。

     

    ・なんと言っても、ボクシングを扱った映画では、シルベスタースターローンの「ロッキー」で、アカデミー賞を受賞しました。

    74b801fe193c052d25386a88e70d0d40_t[1]

    1977(昭和52)年518日は、「国際博物館の日」制定

    1977(昭和52)年518日、国際博物館は、モスクワで開催された第11回大会の国際博物館会議により、この日(518)を、博物館が社会に果たす役割を啓発するため、「国際博物館の日」に制定しました。

     

    ・国際博物館会議は、1946年にフランスのパリで設立された非政府間の国際機構で、ユネスコの協力機関、国際経済社会委員会の諮問機関でもあります。

     

    ・国際博物館の事務局は、パリにあって、執行委員会と諮問委員会のほかに、世界8ブロックの団体と、114の国内委員会、31の国際委員会という大きな組織です。

     

    ・総会は、3年に1度開かれ、第25回大会は、201991日~7日に、京都で開催されます。

     

    ・日本では、毎年、この記念日前後に、全国各地で多くの博物館、美術館などが、無料となるほか、体験学習やフェスティバル等の記念行事が、開催されます。

     

    ・日本の博物館は、1951年に制定された「博物館法」によって、博物館とは、歴史、芸術、民族、産業、自然科学の資料を収集、保管、展示して、公衆の教養や娯楽に必要な事業を行い、また調査研究をする機関とされています。

     

    ・さらに、博物館とは、特定の分野に対して価値のある事物、学術資料、美術品等を購入・寄託・寄贈などの手段で収集、保存し、それらについて専属の職員が研究すると同時に、来訪者に展示の形で開示している施設です。ミュージアムと呼ぶこともあります。

    b2164f90f3a3c7a5fcc46873a92075a1_t[1]

    1968(昭和43)年517日は、「世界電気通信記念日」制定

    ・国連の専門機構である国際電気通信連合ITU)の前進の万国電信連合が、1865年のこの日の発足にちなんで、1968年の517日に「世界電気通信記念日」を制定しました。

     

    ・アメリカのサミュエル・モース電気技師が、1834年電信機を発明し、1844年に最初の電信事業を始めました。電信用回線もモースによって完成し、以後、電信は急速な勢いで、世界に普及しました。

     

    ・国際電気通信連合では、世界中の国々とより早く、より正確に連絡をする手段としての電気通信の普及と理解を広めるために、この記念日を設けました。

     

    ・一般財団法人日本ITU協会でも、この日を記念して、「世界電気通信日のつどい」を開催し、国際電気通信連合等における国際標準化活動に貢献した方々を「日本ITU協会賞」として顕彰するとともに講演会等の記念行事を開催していました。

     

    ・このような主旨を踏まえ、日本ITU協会では、世界情報社会が517日に祝われることになったこの機会を捉え、従来の「電気通信日のつどい」と「国際協力の日」を統合し、「世界情報社会・電気通信日のつどい」を設け、2008516日に第1回の祝典を開きました。ここでは、国際標準化活動の分野で貢献のあった方々と国際協力の分野で貢献のあった方々を併せて「日本ITU協会賞」として顕彰しています。

    33ea58df79bfe1ca71332a95380d9eeb_t[1]

    1975(昭和50)年516日は、「日本女性隊のエベレスト登頂成功」

    1975(昭和50)516日、女性だけで編成された登山隊久野英子隊長ら13人のうち、田部井淳子副隊長は、アン・ツェリン・シェルパとともに、世界最高峰のエベレストに女性として世界で初めて登頂に成功しました。

     

    田部井淳子副隊長が初めてのエベレスト登頂を果たした当時、彼女は36歳。実は、当時すでに結婚しており、子供もいるママさん登山家でした。

     

    ・登頂ルートは22年前、英国隊のヒラリー卿とシェルパのテンジンが初登頂した通常コースの東南稜でした。

     

    ・女性だけでエベレストを目指したのは、単純な理由がありました。女性だけであれば、男性との混合チームと比べ、体力や体格に差が少ないためペース設定がしやすく、着替えやトイレ等の気兼ねもないからです。少しのミスが命とりとなる登山では、この「女性だけ」という選択が、登頂成功の大きな要因でした。

     

    ・田部井淳子登山家は、その後、女性として初めてヒマラヤ山脈にあるシシャパンマの登頂に成功。また、キリマンジャロ(タンザニア)、アコンカグア(アルゼンチン)、マッキンリー(米国)、ビンソンマシフ(南極)と各大陸の最高峰の頂上を次々に成功し、カルステンツ・ピラミッド(インドネシア)、エルブルース(ロシア)登頂によって女性で世界初の7大陸最高峰登頂者となりました。

     

    ・田部井淳子氏は、エベレストのごみ問題をテーマに研究を進め、九州大大学院の博士課程を修了し、環境保全功労者として環境大臣賞を受賞しました。

    c003bf3895547eb68ae2345eedc9d317_t[1]

    1972(昭和47)年515日は、「沖縄本土復帰日」

    ・沖縄返還は、1972年(昭和47年)515日に、沖縄(琉球諸島及び大東諸島)の施政権がアメリカ合衆国から日本国に返還されたことを指します。

     

    ・日本国とアメリカ合衆国との間で署名された協定の正式名称は「琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」です。日本の法令用語としては、「沖縄の復帰」といいます。

     

    1971年(昭和46年)617日に宇宙中継によって東京とワシントンで結ばれた「沖縄返還協定」が、1972年(昭和47年)515日午前零時をもって発効し、第二次世界大戦以来、27年間アメリカの統治下にあった沖縄県が日本に復帰しました。

     

    ・日本政府は「本土並み」の復帰を目指しましたが、実際には30以上の米軍基地や弾薬庫、演習場などが残され、本土との経済格差も残る結果となりました。

     

    2012年(平成24年)に沖縄県の本土復帰40年を迎えました。これを記念して、2012515日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターにおいて、政府と沖縄県の共催で「沖縄復帰40周年記念式典」が開催されました。

     

     5c6f37887a0ffe3c0672676ec83dfe4d_t[1]

    1796514日は、「種痘記念日」制定日

    1796(寛政8)514日、イギリスのエドワード・ジェンナー医師が初めて種痘の接種に成功したことを受けて記念日に制定されました。

     

    ・種痘は天然痘の予防接種のことで、世界中で、「不治の病」、「悪魔の病気」と恐れられてきた代表的な感染症の1つだったものの、種痘の登場によって世界で初めて撲滅に成功した感染症となりました。

     

    ジェンナー医師は、天然痘の予防において、それまで行われていた人痘接種より安全性の高い種痘法を開発しました。

     

    ジェンナー医師は、1796514日、の接種実験を行い、天然痘の免疫をつくることに成功しました。

     

    ・当時、天然痘は死亡率が高く人々に恐れられていました。牛痘にかかった牛の膿を天然痘にかかったことのない人に接種することで、この病気を予防する方法を見つけたのです。

     

    ・その後天然痘ワクチンは改良されて世界で使われ、1980年には天然痘の根絶が宣言されました。

     

    ・ジェンナー医師のこの方法は病原菌の研究から発見したものではなく、20年間にわたって観察と研究、そして実験を行い、その結果生まれたものです。この原理は、フランスのパストゥールによってワクチン療法として知られるようになり、狂犬病など他の病気にも応用されるようになりました

     

    ・ジェンナー医師は、近代免疫学の父とも呼ばれています。

    0893a72e5c022bb1dfedb81ea4eaaafa_t[1]

    1935513日は、アラビアのロレンス事故死

    ・トーマス・エドワード・ロレンスは、イギリスの軍人、考古学者。オスマン帝国に対するアラブ人の反乱を支援した人物で、映画『アラビアのロレンス』の主人公のモデルとして知られています。

     

    ・ロレンスは、失意のうちにアラビアからイギリスに帰国後、1935513日に、オートバイで転倒し、意識不明のまま帰らぬ人となりました。

     

    ・ロレンスはアラブのファイサル1世とその配下のゲリラ部隊に目をつけ、強大なオスマン帝国軍と正面から戦うのではなく、ヒジャーズ鉄道沿線各地でゲリラ戦を戦うことを提案しました。

     

    ・第1次世界大戦(中東の戦い) シナイ及びパレスチナアラブ反乱は、第1次世界大戦当時のトルコはオスマントルコ帝国で 、ロレンスとアラブ人の部隊は、1917123日、800人ほどのトルコ軍が守る紅海沿いアル・ワジュを陥落し戦略的に重要な場所に位置するアカバを奇襲し、陥落させました。この功により、彼は少佐に昇進しています。

     

    1918年には、ロレンスは、ダマスカス占領に重要な役割を果たしたとして中佐に昇進しています。

     

    ・その後、アラブ人の反乱を支援したロレンスは、イギリス本国政府と対立し、失意のうちにアラビアを去りました。

    a6969b0a3dd58e75f561478652bb8f47_t[1]

    1948(昭和23)年512日は、海上保安の日

    1948年(昭和23年)512日に海上保安庁が「開庁記念日」として制定しました。2000年(平成12年)512日から「海上保安の日」に改称されました。

     

    ・海上保安庁が194851日、運輸省の外局として発足し、512日、大久保武雄初代長官の手により庁舎屋上にコンパス・マークの庁旗が掲揚されました。

     

    ・創設時の旧組織はアメリカの沿岸警備隊をモデルに設立されました。

     

    ・「海上保安の日」は、海上保安庁の役割、活動をより一層理解してもらい、地域の人々に広く親しんでもらうことが目的です。

     

    ・海上保安庁は「海の警察」として海上の安全や治安の確保を図ることを任務とし、海難救助・海の交通安全の確保・防災や環境保全などを行っています。

     

    ・モットーは「正義仁愛」です。これは海上保安庁が発足した日、大久保初代長官が職員を前に「海上保安庁の精神は“正義と仁愛”である」と訓示したことによるもので、その伝統と精神が現在も受け継がれています。

     

    ・『海猿』(うみざる)は、作者佐藤秀峰氏、原案・取材小森陽一氏による日本の漫画です。この原作漫画は1999年より連載され2001年に完結したものの、翌2002年にテレビドラマ化、さらに2004年に映画化され、さらに続編も幾つか制作されました。

     

    ・漫画やテレビ、映画などで有名になった「海猿」 は、海上保安庁の潜水士のことを指す呼び名ですが、海上保安庁では、救難業務に従事する潜水士のことは、単に 「潜水士」 と呼びます。

    b77dbae5b5b0054faaa0e3041bcb8173_t[1]

    1970(昭和45)年511日は、日本人初のエベレスト登頂記念日

    1970(昭和45)年の511日、松浦輝夫氏と植村直己氏は、日本人初となるエベレスト登頂に成功しました。

     

    ・松浦輝夫氏は、日本山岳会エベレスト登山隊に参加し、東南稜ルートのリーダーを務め、511日に植村直己氏とともに、日本人初のエベレスト登頂に成功しました。これに対して秩父宮記念賞を受けました。

     

    ・植村直己氏と先輩である松浦輝夫氏は協力して、日本人エベレスト初登場の偉業を達成しました。

     

    ・さらに松浦輝夫氏は、1981年、早稲田大学K2登山隊の隊長を務め、2隊員の西稜ルートからの初登頂を成功させました。

     

    ・ちなみに、1953(昭和28)529日、ニュージーランドのエドモンド・ヒラリーとシェルパ族のテンジン・ノルゲイが、世界で初めて世界最高峰のエベレストの登頂に成功しました。

     

    ・エベレストは、世界で最も高い山であり、最もよく知られた山の一つです。標高については諸説ありますが、1954年にインド測量局が周辺12ヶ所で測定し、その結果を平均して得られた8848mが一般に認められています。

     

    ・言わずと知れた世界一の高峰・エベレストは、ヒマラヤ山脈にありチベットとネパールに跨って位置しています。耳にすることも多いチョモランマという名称は、諸説ありますが、チベット語で『大地の母神』という意味があります。その名のとおり、世界一の頂には荘厳で神様が住んでいると思わせる光景が広がります。

     

    2013(平成25)年には、三浦雄一郎氏が、エベレスト登頂を果たし、世界最高齢登頂記録者となりました。

    3f5798c556bc71330073711f68f1e893_t[1]

     

     

    1950(昭和25)年510日は、日本気象協会創立記念日

    ・気象庁の外郭団体である日本気象協会が1950(昭和25)年のこの日に設立され、業務を開始しましたこの日を記念日として制定しました。

     

    ・同協会は1950510日に運輸省所管の「財団法人気象協会」として設立されましたが、国の公益法人制度改革に伴い2009101日に一般財団法人に移行しました。

     

    ・名称も「財団法人日本気象協会」から「一般財団法人日本気象協会」へと変更しました。

     

    1950年に気象協会として発足。その後,関西気象協会,西日本気象協会が設立され,1966年に三つの組織が合併して日本気象協会となりました。

     

    ・日本気象協会は、1950年に財団法人として設立して以来、気象・防災・環境に関する情報コンサルタント企業として60年以上の歴史を刻んでいます。

     

    ・近年、極端気象に代表される気象の激甚化や地球温暖化、人口、食糧、エネルギー問題など、世界を取り巻く状況が急速に変化してきています。

     

    ・このようななかで気象・地象・水象等に関する科学及び技術の進歩とその普及を使命とする日本気象協会の果たすべき役割もより一層大きくなってきています。

     
    35d61a9e0a07a045ceccb439885a7fca_t[1]

    2003(平成15)年59日は、小惑星探査機「はやぶさ」打上げ成功

    2003(平成15)年59日に、小惑星探査機「はやぶさ」が、M-Vロケット5号機によって鹿児島県内野浦の宇宙空間観測所から打上げられ、予定の軌道に乗り成功しました。

     

    ・効率のいいイオンエンジンを搭載していることでも、注目されました。

     

    2005年には、3億キロ離れた小惑星「イトカワ」に到着し、表面の「塵」の採取を試みた後、地球に向かい、資料を入れたカプセルは、2010614日、オーストラリアの砂漠に落下し回収されました。

     

    ・本体とカプセルが大気圏突入した時の光の航跡がライブ中継されました。

     

    ・打ち上げから7年余、度重なるトラブルを克服しての帰還に大きな感動が湧きあがりました。

     

    ・カプセルからは、2000個を上回る微粒子が発見され、現在分析が進まれています。

     

    ・小惑星の物質が地球に持ち帰られたのは、世界初の快挙でした。

     

    『はやぶさ/HAYABUSA』は、20世紀フォックス映画製作・配給の監督は堤幸彦監督の日本映画です。

     

    ・日本の小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトとそれに参加した人々を描き、2011101日に日本公開されました。

    91a036fb602b430a283e12544511d69d_t[1]

    1948(昭和23)年58日は、世界赤十字平和デー

    1948(昭和23)年58日に、スウェーデンのストックホルムで開催された第20回赤十字社連盟理事会で、58日が赤十字の創始者アンリー・デュナンの誕生日であることから「世界赤十字平和デー」を記念日として制定しました。

     

    ・「赤十字の父」と呼ばれるスイス人のアンリー・デュナンは、1859年イタリア統一戦争の時、北イタリアのソルフェリノで、経験した惨状に心を痛め、篤志家たちを集めて敵見方関係なく救護にあたりました。

     

    1862年、その体験を、「ソルフェリノの思い出」にまとめ、戦争の際の中立的救護組織の必要性を訴えた。

     

    1863年、彼の呼びかけ「人類はみな兄弟」の言葉で、赤十字創立委員会が組織され、スイス政府の全面的な協力を得て、16カ国36代表による国際会議がジュネーブで開催されました。

     

    ・翌年の1964年の「ジュネーブ条約」で、万国赤十字社が発足しました。

     

    ・この条約の中で、「本会議開催に尽力ひたスイスに敬意を表するため、標識としてスイスの国旗の色を逆にした白地に赤十字を用いる」と規定しています。

     

    ・なお、アンリー・デュナンは、1901年に第1回ノ-ベル平和賞を受賞しました。

     

    ・日本赤十字でも、世界赤十字デーがある5月を赤十字運動月間として、活動を宣伝するイベントやキャンペーン等が全国各地で行われます。

     
    d95213e1f5c54b736cab7a2ccdd7e16d_t[1]

    ・1962(昭和37)年5月7日は、第1回科学者京都会議声明発表日。

    ・1955年、ラッセル哲学者やアインシュタイン物理学者らが、核戦争による人類滅亡の危機を警告する「ラッセル・アインシュタイン宣言」を発表しました。

    ・この宣言を受けまして、1957年に「パグウォッシュ第1回会議」が、がカナダの漁村パグウォッシュで開かれました。 会議の組織運営は,非政府組織であるパグウォッシュ評議会が行っています。

    ・この第1回会議には日本から湯川秀樹、朝永振一郎両博士ら10カ国22人が参加しました。

    ・原爆投下から半世紀の1995年、パグウォッシュ会議は創設者の一人であるロートブラット会長とともにノーベル平和賞を贈られています。

    ・パグウォッシュ会議の核廃絶声明に共感したパグウォッシュ会議の国内版として、湯川秀樹博士、朝永振一郎博士、坂田昌一博士の3博士が呼びかけ人となって、小人数の人文・社会・自然科学者が、核の時代をこえて平和時代を創造する道を探るための会議を開催しました。

    ・第1回は 1962(昭和37)年5月に、第1回科学者京都会議が開催されました。

    ・地球の危機について、3日間にわたり、討論を重ねました結果、最終日の5月7日に、「平和時代を創造するために」という声明を発表して、世界平和を訴えました。

    ・なお、日本では1975年8月、京都で第25回パグウォッシュ・シンポジウム(完全核軍縮への新しい構想)が開かれました。

    5de912403022173cfbdb8f5a93ce3aa5_t[1]

    188956日は、パリのエッフェル塔公開の日

    188956日は、フランスで開かれた第4回パリ万国博覧会のおりに建てられた鉄骨記念建造物です。

     

    ・この塔の高さは、当時世界一の高さ 321m、設計は A.G.エッフェルでした。

     

    ・鉄骨のみを組立てたトラス構造によるこの建造物は、力学の解析に基づく合理的な形態、それを支える圧延鋼技術の完成など、当時の建築技術の最高水準を示すとともに、単純明快な近代建築の美的表現の先駆をなしました。

     

    ・エッフェル塔の見どころは、エッフェル塔の上から望むパリの街並みが大変美しくて言葉では言い表せないということです。

     

    ・パリの7区にあり、フランス軍事学校やナポレオンが眠っているところなど、ナポレオン時代を再現してくれるような歴史的価値がある観光が注目されています。

     

    ・フランスで行われる万国博覧会のために2年の歳月をかけて作られたものであり、しっかりとした造りに歴史の重みが感じられ、観光客の目を楽しませてくれます。

    ・エッフェル塔は、現在では、パリを代表するシンボルとなっています。1991年、この塔を含むパリのセーヌ川周辺は世界遺産として登録されました。

     

    1889年の完成から2018年までに、約2億人以上の観光客がエッフェル塔を訪れました。

     

    ・パリのエッフェル塔は、当時の建築技術の最高レベルで作られており、東京タワーの10倍以上の鉄骨を使用しているほど頑丈なものです。

     

    ・これはちょうどフランスの市民革命の100周年を記念して作られたものであり歴史的印象を強めています。

     

     6245b97f0546192d263187f74251b236_m

    1948(昭和23)年55日は、「こどもの日」制定の日

    ・こどもの日は、日本における国民の祝日の一つで、1948(昭和23)年に端午の節句である55日に制定されました。

    ・祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨です。
    ゴールデンウィークを構成する日の一つです。

    ・もともと、55日は、中国起源の5節句の一つとしての端午の節句を、我が国では男の子の成長を祈願する風習があった日です。

     

    ・国会で「こどもの日」を制定する際には、55日を希望する請願が、最も多かったためにこの日に決まりました。

     

    ・端午の節句は、菖蒲の花の時期から、菖蒲の節句とも言われています。

     

    ・菖蒲に邪気を払ってもらうために菖蒲湯に入る風習もあります。

     

    ・菖蒲が、尚武と同じ語音ということから、日本の端午の節句には武運や出世を祈る行事に移りました。

     

    ・江戸時代には、立身出世のシンボルである鯉のぼりを神様に目立つように上げるようになったといいます。

     

    ・登竜門という言葉は、鯉が竜門という滝を登り竜になるという中国の伝説です。

     

    ・こどもの日には空高く舞い上がる見事な鯉のぼりや子供の成長を祝う雄大な大凧揚げなど各地で行われます。

    ・こどもの日が、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と決められてから、端午の節句をこどもの日と呼ぶようになりました。

     

    ・ そのため本来は男の子のためのお祝いだったけれど、今では子どもたちみんなをお祝いするようになりました。

     

    ・それと子どものお祝いだけじゃなくて「母に感謝する」という意味もあったのです。

    727531

    2007(平成19)年54日は、「みどりの日」制定の日

    2007(平成19)年54日、は国民の祝日のひとつ「みどりの日」です。1989(平成元)年から2006年までは、「みどりの日」は、429日でした。2007年から、54日に変更になりました。

     

    ・祝日法によりますと、みどりの日は、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心を育む」日です。

     

    ・「みどりの日」命名の趣旨は,昭和天皇が御在位中たびたび全国各地の植樹祭に出席され、緑化事業に関心を示されたこと、および現在における環境問題の重要性を強調することにあるとされています。

     

    ・もともと429日は、昭和天皇の御誕生日として、国民の祝日でしたが、1989(昭和64)年の御崩御に伴い「みどりの日」と名称を改めそのまま祝日とされていました。

     

    2007(平成19)年祝日法が改正され、429日を昭和天皇にちなみ、昭和の激動を忘れないために「昭和の日」と制定されました。

     

    ・それに伴い「みどりの日」は、もともと祝日間の「国民の休日」に移動し、共に「国民の祝日」として、設置されることになりました。

     

    ・毎年415日から514日までを「みどりの月間」とし、「みどり」について国民の造詣を深める月間としています。

     

    ・この期間「みどり」に関する行事が全国的に行われます。

     

    ・また、「みどりの月間」の最終行事として、5月の第2土・日曜日には、「みどりの感謝祭」が開催されます。

    e214aee775bf0e0c3dcfac568735818e_m

    1948(昭和23)年53日は、「憲法記念日」制定の日

    1948(昭和23)年53日、「憲法の制定を記念する日」です。国民の祝日のひとつです。

     

    ・「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としています。

     

    ・日本国憲法は3つの柱を持っています。

     

    ・国を治める主権は国民にあるという「国民主権」

     

    ・人間が生まれながらにして持っている、人間らしく生きる権利を永久に保障する「基本的人権の尊重」

     

    ・世界の平和を永久に守るため、外国との争いが起きても戦争をしないで平和的に解決するという「平和主義」

     

    ・そして、国民の三大義務として、子どもを養育する者に対して子どもに普通教育を受けさせる「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」を定めています。

     

    ・文化の日(113日)と憲法記念日(5月3日)は、ちょうど半年ずれていますが、

    これは公布から施行までの猶予期間があったためです。文化の日もまた、憲法記念日だとも言えます。

     

    ・この日53日は、国民の祝日の1つで1948年に制定されました。そして、新しい憲法が施行された日こそ「祝日」にふさわしいという思いが全国にあったようです。

     

    53日に憲法記念日があることに因み、51日から57日の1週間は「憲法週間」とされています。

     

    ・法務省、最高裁判所などが1950年に「憲法記念週間」として制定し、1956年に「憲法週間」と改称して現在に至っています。

     
    4512406d450d15e362c282ee79017647_m

    1950(昭和25)年52日は、「郵便貯金創業記念日」制定の日

    1875(明治8)年52日、「日本近代郵便の父」として知られる前島 密氏がイギリスの郵便貯金制度を参考にして、東京府下と横浜の計19郵便局で郵便貯金事業を開始さスタートしたことを記念して、1950(昭和25)年52を、当時の郵政省が「郵便貯金創業記念日」として制定しました。

     

    ・国営の金融機関は、イギリス、ニュージーランド、ベルギーに次いで、世界で4番目でした。

     

    2007年の郵政民営化に伴い、郵便貯金は独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機関と株式会社ゆうちょ銀行が業務を行うようになりました。

     

    ・現在は、郵便貯金はゆうちょ銀行の業務となっています。

     

    2017年度末のゆうちょ銀行の貯金残高は約179兆円で、2位の三菱UFJ銀行の約139兆円を大きく引きはなしています。

     

    ・2007年に郵政公社が分割民営化されたといっても、かんぽ、郵便、郵政と日本郵政グループを構成していますので、ゆうちょ銀行の窓口業務は、日本郵便に委託が出来、日本全国に24千余の郵便局、6万台のATMが実質的に、「ゆうちょ銀行」の支店・出張所ですから、その利便性は、大変大きなものとなっています。

     

    ・郵政民営化後、順調に歩んできたゆうちょ銀行ですが、膨大な貯蓄預金を、どのように運営していくかが、今後の大きな課題です。

     

    ・ゆうちょ銀行の業務は、郵便局の業務効率化に大きな影響を受けるため、総務省の郵便行政からも目が離せません。

     
    faff622406533fce0e47548390191ed7_m

     

    このページのトップヘ