1899525「日本初の食堂車登場日」

1899525日、日本で初の食堂車が、私鉄山陽鉄道の急行列車に登場しましたことを、記念して記念日としました。

 

・食堂車は、一等車から二等車専用で、京都から三田尻間の区間でした。メニューは、洋食のみでした。初の和食食堂車は、19064月の国鉄東海道本線の三等車急行でした。

 

・その後、各急行・特急列車に食堂車が連結され、時刻表には、和洋の別が記載されました。

 

・戦時中は、一時期姿を消していましたが、戦後しばらくして、復活します。その後は、鉄道旅行の楽しみの一つとして、多くの人に親しまれました

 

・汽車の旅の楽しみの一つに、食がありました。しかし、列車がスピードアップするにつれて、営業時間の関係からか、食堂車は、消えつつあります。

 

・現在では、食堂車を連結する列車は、大幅に減り、少数の夜行列車だけになってしまいました。

 

・しかし、今では、移動手段ではなく、列車の旅そのものを楽しむ食堂車つきの観光列車が運行されるようになりました。地域の食材を使った食事などを売りにした観光列車が、走っています。

 

・ちなみに、世界最初の食堂車は、1868年、米国シカゴ・ノース・ウエスタン鉄道において、出現しました。

f7d49d4e4e31a9e8d9f809781dee4b11_t[1]