1927(昭和2)年521は、リンドバーグ翼の日

1927年(昭和2年)521日、アメリカのチャールズ・リンドバーグ飛行家が、愛機225馬力エンジンつきライアン単葉機「スピリット・オブ・セントルイス号」で、世界初の大西洋無着陸横断単独飛行に成功したことを、記念日としたものです。

 

リンドバーグ飛行家は、33時間39分でニューヨークからフランスのパリ間5816キロメートルを飛行しました。

 

1927520552分、リンドバーグ飛行家はスピリット・オブ・セントルイス号にサンドイッチ4つと水筒2本分の水、1700リットルのガソリンを積んでニューヨーク・ロングアイランドのぬかるんだルーズベルト飛行場の滑走路を離陸しました。

 

5212221分、パリのル・ブルジェ空港に着陸し、大西洋単独無着陸飛行に世界で初めて成功しました。この時、リンドバーグ飛行家は25歳でした。

 

・これによりリンドバーグ飛行家は、ニューヨーク-パリ間を無着陸で飛んだ者に与えられるオルティーグ賞とその賞金25,000ドル、さらに世界的な名声を得ました。無着陸飛行を達成した際にル・ブルジェ空港へ押し寄せた観客の数は、空港に入り切らなかった分も含めて延べ75万人とも100万人ともいわれています。

 

・この愛機ライアン単葉機「スピリット・オブ・セントルイス号」は、現在、ワシントンのスミソニアン宇宙航空博物館に保存されています。

 

・のちにこの快挙は、映画化され、ビリー・ワイルダー監督『翼よ!あれが巴里の灯だ』ジェームズ・ステュアート主演で大ヒットとなりました。

8648313db57209bd8a73d097f2ac51e3_t[1]