1978(昭和53)年520は、成田国際空港が開港した日

1978年(昭和53年)520日に、成田国際空港の前身である新東京国際空港として開港し、2004年(平成16年)41日、成田国際空港株式会社法が施行され、空港を管理する新東京国際空港公団が、成田国際空港株式会社に改組し、民営化に伴い正式名称を「成田国際空港」と定めました。

 

・しかしこの間、1966年(昭和41年)7月に千葉県成田市三里塚に空港建設が閣議決定されてから12年かかっての開港でした。当初、土地買収に伴う移転や騒音問題などにより、地元住民からの強い反発があり、反対運動が展開されました。

 

・また、通常の国際空港なら並行して2本ある滑走路は1本のみで開港し、この日の開港式典は、厳しい警戒の中で行われました。

 

2004年(平成16年)41日に民営化されたのに伴い、空港の正式名称は「新東京国際空港」から「成田国際空港」に改称されました。

 

・一般的には「成田空港」と呼ばれることが多いですが、正式名称が新東京国際空港であった時から、所在地である成田市の名前にちなんで成田空港と呼ばれていました。

 

・成田空港は、現在の東京国際空港(羽田空港)の処理能力が限界に近づいたため、新しい空港を建設したものです。

 

・時は経ち2017年。成田国際空港では第3滑走路の建設が予定されています。

 

・現在成田国際空港は、国際線の発着回数と乗り入れ航空会社数が日本で一番多い、日本の表玄関です。

 917ae405bb5e5c9d6e1266b87bad31af_t[1]