1950(昭和25)年510日は、日本気象協会創立記念日

・気象庁の外郭団体である日本気象協会が1950(昭和25)年のこの日に設立され、業務を開始しましたこの日を記念日として制定しました。

 

・同協会は1950510日に運輸省所管の「財団法人気象協会」として設立されましたが、国の公益法人制度改革に伴い2009101日に一般財団法人に移行しました。

 

・名称も「財団法人日本気象協会」から「一般財団法人日本気象協会」へと変更しました。

 

1950年に気象協会として発足。その後,関西気象協会,西日本気象協会が設立され,1966年に三つの組織が合併して日本気象協会となりました。

 

・日本気象協会は、1950年に財団法人として設立して以来、気象・防災・環境に関する情報コンサルタント企業として60年以上の歴史を刻んでいます。

 

・近年、極端気象に代表される気象の激甚化や地球温暖化、人口、食糧、エネルギー問題など、世界を取り巻く状況が急速に変化してきています。

 

・このようななかで気象・地象・水象等に関する科学及び技術の進歩とその普及を使命とする日本気象協会の果たすべき役割もより一層大きくなってきています。

 
35d61a9e0a07a045ceccb439885a7fca_t[1]