今日は何の日

「今日は何の日」は、今日、過去に起こった注目すべき出来事等をご案内致します。

    「今日は何の日」は、今日、過去に起こった注目すべき出来事等をご案内致します。

    2001116日、「戦争と武力紛争による環境搾取防止の国際デー」

    2001(平成13年)115日国連総会は毎年116日を「戦争と武力紛争による環境搾取防止のための国際デー」として宣言しました。国連総会で制定しました国際デーの一つです。戦争や武力紛争による環境破壊、終戦後も続く環境被害の実態について啓蒙し、その防止につとめることを目的としています。

     

    ・国際紛争が起きると、環境被害も起きますが、その終結後においても、国境や世代を超越して、長年にわたって生態系と天然資源に悪影響を及ぼすことがあります。

     

    ・人類は戦争において戦死者や負傷した兵士、市民、破壊された都市などを重視してきたが、環境は公にされていない戦争の被害者でした。

     

    ・暮らしと生態系を支える天然資源が破壊されれば、恒久的な平和は不可能であるため、国連は環境に対する行動が紛争予防・平和維持・平和構築の戦略の一部として確実に実施されることを重要視しています。

     

    ・人類は常に戦争被害者を重視してきましたが、環境はしばしば公にされていない戦争の生贄としてとどまっています。

     

    ・もし生計や生態系を維持する資源が破壊されたら恒久的平和はありえません。もし生計や生態系を維持する資源が破壊されたら恒久的平和はありえません。


    d7a5bdc217188975a7ee42ec7d05ba9c_m

     

    1854115日、「津波防災の日」

    1854115日、「安政南海地震」」が発生したことに因んで、津波防災に関する意識向上を図ることを目的にして、内閣府が、20116月に「津波防災の日」を制定しました。津波防災の日には、津波対策について国民の理解と関心を高めるため、全国各地で防災訓練の実施やシンポジウム等が開催されています。

     

    ・今日115日は、「津波防災の日」です。2011311日に東日本大震災で甚大な津波被害を出したことから、同年6月、津波被害から国民の生命、身体・財産を保護することを目的に「津波対策の推進に関する法律」が制定されました。そして、津波の教訓を伝え津波対策を総合的かつ効果的に推進するため、115日を「津波防災の日」と定めました。

     

    ・津波防災の日の115日は、安政元年115日夕刻に発生した安政南海地震の旧暦の日に相当します。この地震で多くの命を津波から救った逸話「稲むらの火」が、津波防災の良い教訓になることからこの日が指定されました。

     

    ・「稲むらの火」は、大津波が和歌山県広村に押し寄せたとき、庄屋の浜口梧陵氏が自らの収穫した稲むらに火をつけることで早期に警報を発し、暗闇の中で逃げ遅れていた人たちを高台に避難させて命を救い、さらに、地震後は被災地のより良い復興に尽力したという物語です。

     

    ・なお、現在の和歌山県広川町には、浜口梧陵氏の精神と津波防災を学び受け継ぐために、2007(平成19)年に、濱口梧陵記念館と津波防災教育センターからなる、「稲むらの火の館」が開館しています。

     

    2015年には、第70回国連総会本会議で「世界津波の日」を定める決議が採択され、115日は「世界津波の日」にもなりました。


    e00691cbf1cddcaf401e16c8b82f7896_m (1)

    1946114日、「ユネスコ憲章記念日」

    1946(昭和21)年114日、「国際連合教育科学文化機関憲章」が発効し、ユネスコが発足しました。

     

    ・日本語では「国際連合教育科学文化機関」といい、国連の専門機関です。本部はフランスのパリにあり、教育・科学・文化の発展と推進を目的としています。

     

    ・日本は1951(昭和26)年72日に加盟しました。現在では、実質的に最大のユネスコへの資金拠出国は日本です。平成302018)年2月現在の加盟国は、195ヵ国です。

     

    ・「教育や文化の振興を通じて、戦争の悲劇を繰り返さない」との理念により設立の意義を定めたユネスコ憲章の前文には「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」との文言があります。

     

    ・活動にあたっては、重点的に推進する目標として「万人のための基礎教育」「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」などを定めています。それに基づき、例えば「万人のための基礎教育」に関しては識字率の向上や義務教育の普及のための活動、「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」については、世界遺産の登録と保護、文化多様性条約の採択のほか、歴史的記録遺産を保全するユネスコ記憶遺産事業などを実施しています。

     

    ・ユネスコは、ユネスコ憲章の理念を実現するために、教育・科学・文化、コミュニケーションを通じて国際理解や国際協力を推進しています。そして、人びとの交流を通した国際平和と人類の福祉を促進しています。


    8e901b94e5e16becbeb04c9ed1f49081_m (2)

    1946113日、「文化の日」

    1946(昭和21)年のこの日、平和と文化を重視した日本国憲法が公布されたことを記念して、1948(昭和23)年に公布・制定された祝日法で国民の祝日に定められました。

     

    ・祝日法によれば、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としています。日本国憲法は、公布から半年後の1947年(昭和22年)53日に施行されたため、53日も「憲法記念日」として国民の祝日となっています。

     

    113日は世界で初めて戦争放棄を憲法で宣言した重大な日であり、「自由と平和を愛し,文化をすすめる日」としました。この趣旨のもとに、この日には、皇居で文化勲章の親授式が行われます。「文化の日」を中心に、文化庁主催による芸術祭が開催されます。

     

    113日は元来、明治天皇のお誕生日であった「明治節」という名の祝日になっていました。

     

    ・明治節という祝日に制定された背景には、明治天皇がお亡くなりになった後、明治天皇のお誕生日であった113日を祝日にしたいという国民の想いや声が極めて多かったためとされています。

     

    ・その後、連合国軍機関によって明治節も撤廃されてしまいましたが、日本政府は明治天皇の明治節は何としても残したいというような考えがあったので、意図して日本国憲法の公布を113日にし、その日を祝日に制定したのだそうです。

     

    ・すなわち、文化の日の意味として形式的には日本国憲法の公布日を祝ったものとなっていますが、本来の意味としては明治節の考えからきているものだったのです。

     

    ・基本的人権や戦争放棄を宣言した日本国憲法は、平和と文化を最も重要視しています。

     

    ・この日本国憲法公布を記念して「平和への意思を基盤とする文化を発展させ拡大させよう」という考えで、113日が「明治節」から「文化の日」となったのです。


    c3347b4648b1904e161204b2a5a04207_m

    1931112日、東京科学博物館開館記念日」

    1931(昭和6)112日の今日は、東京の上野で、東京科学博物館が開館しました。現在の国立科学博物館です。当時の天皇・皇后両陛下の行幸啓を仰ぎ開館式を挙行し、この112日を開館記念日としています。

     

    ・日本で最も歴史がある、国立でただ一つの総合化学博物館で、多数の貴重な標本を保管しています。

     

    ・この博物館の役割は、調査研究、標本の収集や保管そして展示です。

     

    ・国立科学博物館は「自然史に関する科学その他の自然科学及びその応用に関する調査及び研究並びにこれらに関する資料の収集、保管及び公衆への供覧等を行うことにより、自然科学及び社会教育の振興を図る」ことを目的とした博物館です。

     

    ・一般的には国立科学博物館といえば上野本館の施設を言います。東京科学博物館は、全国の博物館の指導的な立場としての事業を数多く行っています。

     

    ・独立行政法人化によって国から切り離されましたが、その後も名称に「国立」を付けています。これは海外との関わりにおいて国の機関であることを示す必要があるために認められた特例です。

     

    ・同館は、近年の独立行政法人化によって、国としての役割を担うように強く求められています。


    8fd74283b165bc4d71176195a724d526_m

    1868111日、「灯台記念日」

    1868(明治元)111日の今日は、日本で初めて洋式灯台の第1号である神奈川県三浦半島の観音崎灯台の工事に着工した日です。記念日は、この日を記念してして海上保安庁によって1949(昭和24)年に設けられました。日本初の灯台の完成は、翌年の1869211日に点灯されました。

     

    ・この灯台の設計は、フランス人のヘンリー・プラントン技術者が担当しました。当初は、煉瓦造りの洋館建てでしたが2度の地震により、建て直されて現在の白い八角形の姿は、3代目です。

     

    ・西洋式灯台のように遠くまで光が届く灯台は、江戸時代の日本にはありませんでした。鎖国していたこともあって、日本にはそれほどまでの機能は必要とされていませんでした。

     

    ・明治時代になって日本が開国するとなると、外国からくる船の乗組員は日本沿岸が暗くて航海が困難だと不満を持っていたので、日本は諸外国から西洋式の灯台を沿岸に備えるようせまられました。その代表的なものが日本初の観音埼灯台です。

     

    ・この記念日は、各地の参観灯台への参観が全て無料で開放され、社団法人日本燈光会や各地の海上保安部などで記念行事が行われます。

     

    2018(平成30)年は、1868年から数えて150周年の節目に当たりましたので、これを機に、各イベントが全国各地で実施されました。

     

    ・灯台は、船舶の安全航行にとって重要な施設ですが、最近では、地方公共団体等が観光資源としての価値を改めて見直し、活用していこうとする動きも活発化してきており、海上保安庁としても、海上交通安全思想の普及等を目的として、この動きを積極的に支援しています。


    b55a6712805ea4b01956bb464aa27c86_m

    18721031日、「ガス記念日」

    1872(明治5)1031日の今日に、日本で初めてガス灯が横浜の馬車道に、点灯されたことを記念して、日本瓦斯協会が、それから丁度100周年記念に当たる1972(昭和47)年に、「ガス記念日」に制定しました。そして、日本瓦斯協会は、2017(平成29)年には「ガス記念日」を一般社団法人日本記念日協会に登録しました。

     

    ・この日には、各事業所で、ガスの安全な使い方や有効利用の方法などについてガス展を開いて広報活動を行っています。

     

    ・ガス燈は文明開化の象徴として急速に普及しました。1874年には東京・銀座通りにガス燈が設けられ、銀座名物となりました。

     

    1900年代になると、全国でガス会社が事業を開始しました。やがて電灯が普及すると、ガスは明かりとしての役割から、料理や風呂など家庭用の燃料として普及していきます。その結果、現在では、日本全国で3000万件を超えるお客さまに都市ガスを提供しています。

     

    ・街燈から始まったガス事業は、近年は、さらに冷房や自動車にも使用されています。原料も石炭や石油から天然ガスに移り、炭酸ガスの排出量が少ない「液化天然ガス」は、将来の低炭素社会にも貢献できる天然ガス利用に向けて、更に、いろいろな調査・研究が進められています。


    704b2d428283b1d2335663e04c44c380_m

    19921030日、「香りの記念日」

    1992(平成4)1030日の今日に、第7回国民文化祭「世界の香りin能登」が開催されたことを記念して、主催した石川県七尾市が「香りの記念日」としました。

     

    ・例えば、バラは古代から王族や貴族等により栽培され珍重され、様々な形で利用されてきた花の中の花と呼ばれるものです。身の回りには数多くの花があり、その中でも香りの良い花はたくさんあります。

     

    ・しかし、バラほど長い歴史を通じて人と係わり合いも持ち続けている花は他にはありません。

     

    ・単に香りが良いからという理由のみで説明するにはしきれないことです。これまでにも実験で、香りに鎮静効果やリフレッシュ効果等が示されています。

     

    ・さらに、香りには未だ知られていない効果があるようでして、好きな音楽を聴くと心が和み、表情もやさしく生き生きしてくるように、特定の香りを使用し続けると、同じような効果が認められるようです。

     

    ・ふと漂う香りに心が動かされた事ってありませんか。「香り」は日々の暮らしを彩り豊かなものへと導いてくれます。その日々の暮らしに心が和む香りを体験してください。

     

    ・日本では、昔から、香りを楽しむ「香道」が盛んで、普通の家でも、「お香」をたく文化があります。

     

    ・「香道」では、香り」を「聞く」といいます。香木から立ち上る香りを聞き分けて、その香りが何を表現しているのかを鑑賞し合います。なんて素敵なことでしょう。


    cc5b9f66f0e3548cb9404f2fe1520a22_m (1)

    19691029日、「ホームビデオ記念日」

    1969(昭和44)1029日の今日に、ホームビデオが初めて登場しました。

     

    ・ソニーがベーター、松下電器がVHSと二つの規格が、この日に同時に市場に発表されて、お客様は混乱しましたが、その後、ソニーが市場から撤退しましたので、ホームビデオは、松下電器のVHS規格で統一されました。

     

    ・ホームビデオ愛好家グループが両陣営に配慮して、この日を「ホームビデオ記念日」としたことに由来します。

     

    ・これをきっかけに、家庭用ビデオの規格争いとしては、もっとも有名な「ビデオ戦争」が勃発します。

     

    ・この家電品史上例のない規格対立戦争は、1980年代まで続きましたが、最終的にはVHS陣営による勝利で幕を閉じました。

     

    ・このデジタル放送の開始に伴い、録画媒体もアナログ形式のビデオテープからHDDレコーダー・DVDへ移行し、画質や音質も格段に向上しています。

     

    ・ビデオテープの時代は、早送り・巻き戻しに時間がかかったものですが、今では頭出し単位でスキップすることが瞬時に可能になりました。

     

    ・今では勝者となったVHS方式のVTRも、DVDの普及やブルーレイディスク、ネット配信による映像など、映像技術は常に開発競争の繰り返しで留まる所を知らないようです。


    9cb8e221c714c268bf3e9352e250d46e_m (1)

    19721028日、「日本にパンダが来た日」

    1972(昭和47)1028日の今日に、日中国交正常化の記念に中国政府から贈られたパンダ2頭が、東京の羽田空港に到着した日です。カンカン(雄)とランラン(雌)と名付けられました。その年の115日に東京の上野動物園で公開され、入園者は、1年間で900万人を超える空前のパンダブームとなりました。

     

    19721028日に日本で最初のジャイアントパンダ「ランラン」と「カンカン」が来園したことにちなんで、上野動物園では、2012年に1028日を「パンダの日」と制定しました。

     

    ・このジャイアントパンダは、絶滅の心配がされている中国の四川省の高地に生息する大型の哺乳類です。白と黒の不思議な模様、バキバキと竹を噛み砕く力強さ、柔軟性のある寝相など昔も今も人々を惹きつけてやみません。

     

    ・現在、絶滅が危惧されるジャイアントパンダは、世界各地で約450頭が飼育されています。各施設で繁殖の取組みが進められており、上野動物園では2017612日に雄の「リーリー」と雌の「シンシン」の間に「シャンシャン」(雌)が誕生しました。

     

    ・しかしながら、最近のデータでは、野生の生息数は約1,800頭しかいないと言われており、持続的な保全の取組みが欠かせません。
    34c9be24d5b76e1ed7aabdddae5fb294_m

    20051027日、「文字活字文化の日」

    2005(平成17)1027日の今日に、出版文化の推進を目的に、「文字・活字文化振興法」が制定されたことから、同法により、読書週間の初日のこの日が、「文字・活字文化の日」と制定されました。

     

    ・読書週間の歴史は、終戦間もない1947年、戦火の傷痕が残る中で「読書の力で平和な文化国家を」との願いの下に、新聞社や出版業界が一体で読書推進運動を開始したのが、読書週間誕生のきっかけです。

     

    ・その願い通りに新聞や雑誌、本は、戦後復興に励む人々の精神の糧となり、今日の豊かな日本へと至る道筋を示しました。

     

    ・「豊かな人間性の育成」と「健全な民主主義の発達」を掲げる文字・活字文化の日の意義は、インターネットの情報があふれる現代でこそ、ますます重要性を増しています。

     

    ・「文字・活字文化の日」は、「読書週間」(1027日から119日)の第1日目の日に因んで制定されました。文字・活字文化が人類の知識および知恵の継承や、豊かな人間性の涵養、健全な民主主義の発達に欠くことができないものであり、国民の間に広く文字・活字文化についての関心と理解を深めることが目的です。

     

    ・読書週間は、戦後、「読書の力で平和な文化国家を作ろう」と、出版社と書店、公共図書館、マスコミが協力し、始められたものです。

     

    1924年から行われていた「読書連動週間」は、戦争のために中止されましたが、戦後1947(昭和22)1117日から第1回「読書週間」として開催されました。翌年1948年からは、113日の「文化の日」を中心にした、1027日から119日までの2週間を「読書週間」と定めて、全国的に広がっていきました。この最初の日を「文字活字文化の日」と制定されました。


    6ea93c781f2c55afc44f679582a8beae_m

     

    19631026日、「原子力の日」

    1963(昭和38)1026日の今日に、茨城県東海村の日本原子力研究所の動力試験炉が、日本初の原子力発電に成功しました。日本の「原子力の日」は毎年1026日で、この出来事を記念するために1964(昭和39)年731日に閣議決定によって記念日として制定されました。

     

    ・そして、この日は、19561026日に、国連の専門機関である「国際原子力機関」に、日本が加盟決定した日でもありますので、電気事業連合会も、この日を「原子力の日」と制定しました。

     

    ・「国際原子力機関」は、原子力が全世界の平和や健康、繁栄を促進するように努め、軍事目的に転用されることを防ぐことを目的としています。

     

    19631026日に、 茨城県東海村の日本原子力研究所の動力試験炉が日本で初めての原子力発電に成功しました。

     

    ・この動力試験炉は、1976318日に運転を終了し、1986年から1996331日にかけて解体工事が行われ、設置場所は更地になりました。これは日本ではじめての原子炉解体工事でした。

     

    ・この動力試験炉の実績を元に日本でも商用の原子力発電の導入が決定し、実績が豊富な英国の技術が採用され、富士電機を受け入れ主体として東海村に原子炉の建設が始められました。その後完成した原子炉による日本で最初の商用原子炉による発電は1966725日に日本原子力発電株式会社東海発電所によって行われました。しかしながらこれに続く発電炉は米国の軽水炉が導入されることになり、英国製原子炉の導入はこれ一基のみとなりました。この原子炉は1998331日に運転を終了し、現在は解体工事中です。

     

    ・この日は、原子力について国民の理解を深めてもらおうと、さまざまな行事を行っています。

     

    ・発電能力2400キロワットでスタートした日本の原子力発電は、30周年の1993年には、日本の電力消費の3割ほどを賄っています。


    a906b9ad7ce072f85b785598d775f30f_m (1)

     

    19511025日、「民間航空記念日」

    1951(昭和26)1025日の今日に、戦後最初の国内民間航空として誕生した日本航空が東京から大阪そして福岡間の定期運航を開始したことに由来する記念日です。

     

    ・この日の一番機「もく星号」の乗務員は、全て外国人で、乗客は21名でした。

     

    ・第二次世界大戦で敗北した日本は、連合国より軍民問わず、航空機を運用することを禁止されていました。そして、この日にようやく民間旅客機の定期路線が就航しました。

     

    ・実際には日本航空は営業面だけを日本側が担当し、実際の定期路線運航はアメリカのノースウエスト航空が操縦士つきで担当しました。この時に使われたのが、アメリカの航空機のマーチン2-0-2型機でした。日本航空では5機を運航し、「すい星」「きん星」「か星」「もく星」「ど星」の太陽系の惑星に由来する愛称が付けられました。

     

    19506月にようやくGHQによる日本の航空会社の運航禁止期間の解除がされたため、1951年に民間航空機が飛べるようになり、2年後の1953年には国内線のみならず、羽田空港発の国際線の運航が開始されます。羽田空港からホノルルを経由しサンフランシスコへと向かう経路でした。

     

    ・また1954年には羽田空港から沖縄への便も開通しましたが、これは当時沖縄が連合国の占領下にあったため、国内線ではなく国際線という扱いだったからです。

    dcd9a64cc62463326dce969acf2cf9c5_t

    19451024日、「国連デー」

    1945(昭和20)1024日に、アメリカで、世界の51ヵ国の代表が集まって、国際連合の発足を定めた国連憲章が発効したのを記念した日です。

     

    ・国際連合は、第2次大戦を契機に生まれた国際平和機構です。本部は、米国のニューヨークです。アメリカのルーズベルト大統領が考えた名称です。2017年現在、国連に参加している国と地域は、193です。

     

    ・国際社会の平和や安全の維持、さらには、経済、社会、文化、基本的人権などのために、世界の国々が協力しあい、友好を深めようとするのが、その精神です。

     

    ・わが国は、1956(昭和31)年1218日に、加入が認められました。

     

    ・国連デーとは、国際連合が定める国際デーの一つです。1945年の1024日この日に、国際連合憲章が発効して国際連合が正式に発足したことに由来します。

     

    1948年の 1024日は国際憲章の記念日であり、国際連合総会はこの日を「国連の目的と成果を世界の人々に知らせ、国連の責務の支持を得ることに捧げる」と宣言しました。

     

    1971年、 国際連合総会において、さらなる決議案として国連の日を国際休日とし、国際連合加盟国は祝日にすることを推奨することを宣言しました。

     

    1948年以来アメリカ合衆国は、毎年大統領が世界の平和と安全保障への貢献をたたえる大統領宣言を公布しています。20171024日には、ドナルド・トランプ米国大統領が公布しました。


    fcb275d9eaaaa43b17e13deb768d30a5_t

    18681023日、「電信電話記念日」

    1868(明治2)1023日に、東京から横浜で日本初の公衆電信線の架設工事が始まりました。横浜弁天灯明台役所から本川通り裁判所までの約770メートルに電信線を架設し、電信機を設置したのが、日本での電信すなわち電報の始まりです。

     

    ・日本の電報の取り扱いは、1870年に始まりました。これは、明治政府最初のインフラ事業でした。

     

    ・明治政府は電信の必要性を認識し、その導入に動き出します。

     

    ・まず横浜弁天灯明台役所から本川通り裁判所までの間に電信線を設置、明治289日、通信実験に成功します。

     

    ・これを日本の電信事業の出発点とみなして、1950(昭和25)年日本電信電話公社(NTT)によって、この日「電信電話記念日」が設定されました。

     

    ・この日を中心に前後3日間は、電信電話週間とされ、全国各地で記念式典が行われます。

     

    ・現在、電話は使いますが、電信はほとんど使うことがありません。わずかに残っているのは、結婚式や葬式の時の電報です。


    37ce5568c9836d95542b9ad1e18b6076_t

    19581022日、「アニメの日」

    1958(昭和32)1022日に、日本で初めてのフルカラーで作成された長編アニメ映画「白蛇伝」が公開されました。それを記念して、日本動画協会が「アニメの日」を制定しました。

    ・モノクロ、短編などの作品を含めると国内アニメーション初の上映は1917年となります。しかし、この年に複数の作品が上映され、どの作品がどの日が最初なのかが明らかになっていません。そこで戦後、近代の商業アニメーションの出発点となった「白蛇伝」が選ばれました。

    ・「白蛇伝」は、中国の民間伝承を題材に、青年と人間の娘に化けた白蛇と恋を描いています。製作は1948年に日本動画として誕生し、1956年に東映動画と社名変更した現在の東映アニメーションです。

    ・長編アニメーション制作の経験のない日本のスタッフが試行錯誤の中で、世界に日本のアニメーションを届けたいとの大きな目標と共に制作しました。

    ・完成した作品は大きな人気となり、国内外から高い評価を受けました。そのスタッフからは、その後日本のアニメ業界を支える人材が多く輩出しています。「白蛇伝」は、「アニメの日」として祝うにふさわしい作品でした。

    ・この作品及び、続く東映動画長編アニメーション作品を制作し、育ったスタッフたちが、のちにアニメ大国となる日本の商業アニメを支える存在としてはばたいていき、映画館でこの作品を見てアニメ制作を志す数多くのクリエイターを誕生させたという点でも、日本のアニメーション史にとって重要な作品となっています。

    73334761fa7a960c452c7c9796c6f3ab_t

    19671021日、「国際反戦デー」

    1967(昭和42)1021日に、アメリカのベトナム戦争介入反対の集会が。世界各地で開かれたことに由来します。

    ・世界規模の統一的な反戦行動は、これが始めてでしたので、後にこの日が国際反戦デーとなりました。

    ・「国際反戦デー」は、日本の記念日の1つです。1966年に始まり、毎年1021日。「国際」と呼ばれますが日本だけの記念日です。

    19661021日に日本労働組合総評議会が「ベトナム反戦統一スト」を実施し、それと同時に全世界の反戦運動団体にもベトナム戦争反対を呼びかけたことに由来します。フランスの哲学者ジャン・ポール・サルトル氏が「世界の労働組合で初めてのベトナム反戦スト」と日本労働組合総評議会を讃えました。

    ・そもそも1021日がなぜ国際反戦デーといわれるようになったかは、ベトナム戦争における北爆がきっかけです。

    ・1966年、当時日本最大の労働運動ナショナルセンターであった労働組合総評議会は、激化する北爆に抗議し、米国のベトナム介入に反対するための全国政治ストライキを計画し、10月21日を統一行動の日として、日本と世界の労働団体や平和団体に共闘を呼びかけました。これは、労働運動の連合組織としては世界初のことでした。この日、日本では全国500箇所以上でのストライキをはじめ、市民や政党による無数の集会やデモが行われ、翌1967年から、10月21日は「国際反戦デー」と呼ばれるようになりました。

    ・翌年の19671021日には、アメリカのワシントン.10万人を超えるベトナム戦争反対デモがおこなわれ、日本や西ヨーロッパでも同様な示威活動が展開されました。


    b12265468f5eb22e4f2638707bce72e3_t

    19901020日、「リサイクルの日」

    1990(平成2)1020日に、日本リサイクルネットワーク会議が記念日として制定しました。

    1020日の由来は、「物が、ひとまわり(10)、ふたまわり(20)」の語呂合せです。

    ・この記念日が発展して、通商産業省(現在の経済産業省)ほか8省庁が10月を「リサイクル推進月間」(現在のリデュース・リユース・リサイクル推進月間)としました。

    ・この3R推進運動は、ゴミのリデュース(削減)・リユース(再使用)・リサイクル(再利用)です。3Rの目的は、資源を大切にすることです。

    ・日本リサイクルネットワーク会議は、1990年に設立しました。日本の環境関連の団体です。リサイクルに関する団体同士のネットワーク作りや啓蒙活動などを行っています。東京都港区に事務局があります。

    ・現在の日本でのリサイクルには、流通段階の小売業者も、またリサイクル業者(再生業者)も、そして市町村も大きな役割を果たしています。

    ・例えば、ガラス瓶、大型家電、電池などの回収には小売店も大きな役割を果たしています。例えば飲料のガラス瓶は小売店が積極的に回収しており、大型家電は、家電販売店が新品販売時に「下取り」などとして古い家電を回収しており、乾電池は店舗に電池回収箱などが置かれているわけです。

    ・古紙や古繊維類はリサイクル業者がさかんに回収しています。また、多くの市・町・村が資源の分別回収を行っており、市民も再資源化できるものとそうでないものを分別して 再資源化が効率良く行われている自治体も多いです。

    ・「資源の有効利用」「廃棄物の発生抑制」「環境の保全」を目的として、リサイクルを促進するための措置を定めた「再生資源の利用の促進に関する法律」(通称「リサイクル法」)が、国会を通過し、199110月より施行されました。

    ・その後、「資源の有効な利用の促進に関する法律」に改正され、20014月に施行されました。本法は、3R推進運動の考え方を取り入れ、事業者がこれらの取り組みを進めることを目的としています。


    f1111a1c92e39c381dc4c3fd82e57789_t

     

    19561019日、「日ソ共同宣言」調印

    1956(昭和31)年1019日に、日本と当時のソビエト連邦との間で、「日ソ共同宣言」が、モスクワのクレムリン宮殿で、正式に調印されました。同年1212日に条約発効となった外交条約です。

    ・当時の鳩山一郎総理大臣が、ブルガーニン首相を訪問して、ソビエト連邦との国交が実現しました。

    ・第二次世界大戦後、日本とソビエト連邦は、平和条約が、結ばれていなかったため、国際法上は、戦争が終わっていませんでしたが、この宣言により、国交の回復が実現しました。

    ・この宣言の内容は、戦争状態の終結、日本の国連加入支持、日本人抑留者の送還、賠償請求権の放棄などです

    ・これにより、両国の関係は、正常に向かい、日本の国連加盟も実現しました。しかし、国境確定問題は先送りされたため、ロシアとの平和条約が締結される見通しは、いまだありません。

    ・国境確定問題である、〈北方四島〉(歯舞,色丹,国後,択捉)の帰属について日本側は未解決を主張し、これを解決済みとするソ連(現:ロシア連邦)側と対立して現在に至っています。


    01c93eabf85da1e45e36e95598ea948e_t

    18701018日、「統計の日」

    1870(明治3)年1018日に、現在の生産統計の前身となる「府県物産表」に関する太政官布告が公布されたことに起因して、1973(昭和48)年73日の閣議で「統計の日」が制定されました。国民に、統計の重要性を知ってもらおうとする日です。

    ・わが国の統計の基本法である統計法は、1947(昭和22年)年9月公布、施行されました。

    ・統計と言えば、国勢調査です。日本では、1920年に第一回目の国勢調査が行われました。

    ・国勢調査は、以後10年毎に、大規模調査が行われます。そして、中間の5年目に簡易調査が行われます。対象者は、調査年の101日午前0時を期して行われます。

    ・調査を主管する総務省統計局にとって、国政調査は、一大イベントとなります。

    ・「統計の日」は、世界各国で独自の日に記念されている、統計の記念日です。

    ・総務省統計局で毎年「統計の日」の周知と統計に関する関心を高めることを目的としてポスターを作成しており、使用する標語については1990年(平成2年)から関係省庁及び地方公共団体等から募集しています。

    ・総務省や地方公共団体の統計担当部署では、この日前後に全国統計大会等の統計の啓発普及を目的とした各種行事を行っています。

    ・ちなみに、国連統計委員会は20101020日を「世界統計デー」に制定しました。


    760f27b207f44268002ae0e1c2481b4d_t

    19521017日、「貯蓄の日」
    1952(昭和27)年1017日に、貯蓄増強中央委員会(現在の金融広報中央委員会)が、制定しました。貯蓄に対する国民の関心を深め、貯蓄の増強を図ることを、目的としています。

    ・我が国では、古来の農家の方々の働きの賜物である初穂を捧げる神嘗祭にちなみ、勤労の賜物であるお金を大切にし、貯蓄に対する関心を高めようと、この日に定められました。

    ・元々は、毎年1017日に伊勢神宮で、その年に収穫された穀物でつくったお酒などを収穫への感謝の気持ちを込めてまつる神嘗祭に「貯蓄の日」は由来しています。

    1015から25日、伊勢神宮では神嘗祭を行います。神嘗祭とは、天照大神に新穀を供え収穫を感謝する式典です。

    ・「貯蓄の日」の由来となった神嘗祭は、収穫の感謝を捧げる祭典です。海川山野のお供え物を取り揃え、神田で収穫された新米を玄米のまま蒸して土器に盛り、御餅をつき、白酒・黒酒のお酒を醸してお供えします。

    2001年に政府方針として「貯蓄から投資へ」というテーマが取り上げられて早18年、これからは、貯蓄と投資のバランスが、より必要となります。


    cc3c5361661361a2a685648805056b75_t

    19811016日、「世界食料デー」
    1945(昭和20)年1016日に、国連食糧農業機関が、設立されたことを記念して、国連の国連食糧農業機関によって1981(昭和56)年に制定された「世界食料デー」は、国際デーの一つです。

    ・この日には、世界中の人々が食料不足で、苦しまないためには、どうすればよいかをテーマに研究発表会が開かれます。

    ・「世界食料デー」は、197911月の第20回国連食糧農業機関総会において、同加盟国により創設されました。ハンガリー代表団が、第20回国連食糧農業機関総会で積極的な役割を果たし、世界規模で「世界食料デー」を祝う考えを提唱しました。以来、毎年150カ国以上で、貧困や飢餓の背景にある問題への意識向上が図られている。

    ・この日には、国連世界食料計画や国際農業開発基金をはじめ、食料安全保障に携わる多くの組織によって広く祝賀が行われています。

    1981年以降、世界食料デーは毎年異なるテーマを採用しており、それは行動が必要とされる分野に光を当てて共通の焦点を与えるためです。

    2016年が「気候変動:食料・農業も適応を」。2017年が「移住者の未来に変革を:食料安全保障と農村開発への投資」。 そして2018年のテーマは「2030年までに飢餓のない世界は達成できる」で、これは国連が掲げる持続可能な開発目標ともつながっています。

    ・テーマの大半は農業関連となっていますが、これは農業への投資やそれに伴う教育と保健への支援だけが、現状を変えうるものだからです。その投資の大部分は民間部門から来るものでなくてはならず、民間投資を特に促進し刺激するという観点から、公共投資が重要な役割を果たすことになります。

    ・多くの途上国経済における原動力として農業は重要であるにもかかわらず、この分野は投資不足にしばしば悩まされます。農業分野への援助は過去20年間で著しい減少を示しています。

    ・飢餓や食料問題の解決には、多くの人の協力が必要となっています。この国際デーは「何かしたい」という人たちが一歩踏み出すきっかけになる日です。
    20b7f04ad589d6616772bf398d4b4be5_t

    19651015日、「たすけあいの日」

    1965(昭和40)年1015日は、社会福祉法人全国社会福祉協議会が、日常生活での助け合いや、地域社会へのボランティア活動への参加などを積極的に進めることを呼び掛ける日として、同年の12月の全国社会福祉協議会の会議で、制定しました。

    1015日は「たすけあいの日」です。1965年(昭和40年)に全国社会福祉協議会が制定した記念日で、日常生活での助け合いや、地域社会への積極的なボランティア活動参加を呼びかける日です。

    ・ボランティアという言葉はラテン語の志願者に由来し、古くは騎士団や十字軍などの志願兵までさかのぼることが出来ます。日本でのボランティア活動は、一般に広く知られるきっかけになったのが1995年の阪神・淡路大震災で、この年は「ボランティア元年」とも呼ばれています。

    ・全国社会福祉協議会は、全国すべての都道府県、市区町村に設置している社会福祉協議会の連合会・中央組織です。社会福祉団体や関係者、厚生労働省等と連携を取りながら、福祉サービス利用者や社会福祉関係者への支援、全国の社協、民生委員・児童委員、社会福祉施設等の活動への支援・推進などを通じ、社会福祉の発展をめざした活動を行なっています。

    ・戦後、地域福祉とその技術の普及推進と、民間福祉事業やボランティア活動の推進と支援を目的としています。法的には社会福祉法で規定しており、基本的には社会福祉法人格を持つこととなっています。

    ・全国社会福祉協議会は、民間団体ではありますが、社会福祉法に定められ、行政区分ごとに組織した団体であり、運営資金の多くが行政機関の予算措置によるものであるため、半官半民で運営しており、民間と公的機関・組織の両面のメリットを生かした事業を展開しています。

    38c0afad70cb4c440e797c26771a3ed5_t (1)

    18721014日、「鉄道の日」

    1872(明治5)年1014日は、東京の新橋駅と横浜駅を結ぶ日本初の鉄道が開通したことを記念して、1922(大正11)年に、日本国有鉄道が「鉄道記念日」として制定しました。

    ・開通当時は、時速32キロで、新橋から横浜までの29キロを、50分で運行しました。車両やレールは、イギリス製で、機関士もイギリス人でした。

    ・「汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり」で始まる鉄道唱歌は、明治、大正、昭和を通じて爆発的な人気を呼びました。

    1949年には日本国有鉄道の記念日となり、分割民営化後も引き続きJRグループの記念日としてJRグループ内で祝われていました。

    1994年に運輸省(現・国土交通省)が「鉄道記念日」のままではJRグループ色が強い」という提案で、「鉄道の日」と改称し、JRグループを始めとしたすべての鉄道事業者が祝う記念日となりました。

    ・これを記念して「鉄道の日」の前後に鉄道関連のイベントが行われるところや、記念乗車券やプリペイドカードを発行する事業者もあります。

    ・当時の新橋駅は、現在は廃止されていますが、当時の横浜駅は。現在の根岸線の桜木町駅として、利用されています。
    c0452297c90f4d9a60ee9ea850b4b376_t

    18841013日、「世界標準時が決まった日」

    1884(明治17)年1013日は、世界標準時が決まった日です。イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線を「経度0」として、これを基準にした時刻を、「世界表準時」としました。

    ・それまでは、国や地域」が、それぞれ独自の時刻を使っていました。各国の交流が増えて、世界共通の時刻が必要になりました。

    ・日本の標準時は、188811日から東経135度の兵庫県明石市の時刻を採用し、世界標準時より、9時間進んでいます。

    ・グリニッジ平均時は伝統的に経度0度と定められているイギリスのロンドンにあるグリニッジ天文台での平均太陽時です。

    1884年にワシントンD.C.で開催された国際子午線会議でグリニッジ子午線が本初子午線として採択されると、陸域でもほとんどの国の時刻帯はこのグリニッジ子午線を基準とし、それから数時間だけ進んだ、または遅れた時刻を標準時として採用しました。

    1911年には、パリで開催された国定暦本編製に関する国際的な天文学者会議で、事情の許す限り、全ての暦にグリニッジ時を標準とするものを用いることが決議されました。

    191210月、パリに於ける万国協同報時法会議で、無線電信による報時の統一が可決され、191371日からは、グリニッジ時による事になりました。

    ・なお、グリニッジ天文台からの時報は192425日に初めて開始されました。

    192610月から11月に、国際天文学連合と国際測地学・地球物理学連合の主催で万国経度観測が実施され、この際に無線電信より国際報時局の学用報時と同じ形式でグリニッジ平均時が発信され、その時差を測定することにより経度が比較されました。

    ・こうして、19世紀から1920年代までにグリニッジ平均時は暦や天文学、報時、測地学などの分野でも世界共通の経度によらない基準時刻としての実績をあげました。


    eeae85f7e1e5c81cd8a9798130ff8eb1_t

    14921012日、「コロンブス・デー」

    14921012日は、イタリア人であるクリストファー・コロンブス船長は、スペインのイザベル女王の援助を受けて、149283日にスペインのパロス港をサンタマリア号と他2隻で出港して71日目に、今の南北アメリカ大陸の間にある、西インド諸島の中の小さな島に上陸しました。その島に、コロンブス船長は、サンサルバトル(聖なる救い主)と命名けました。この日は、アメリカ大陸の発見日です。

    ・当時インドまでの航路は、東回りでした、コロンブス船長は、その反対の西回りでのインドへの航海を計画しましたので、新大陸は、最後まで、インドだと信じていました。

    ・コロンブス・デーが祝日となったのは、ひとつにはニューヨーク市をはじめとする各地のイタリア人の努力によるものです。ニューヨークに住むイタリア人のグループが、「同郷人」に対する誇りから、18661012日、「アメリカ発見」の祝典を初めて開催しました。1869年には、サンフランシスコ市のイタリア人が1012日を祝い、この日を「コロンブス・デー」と呼びました。1937年には、フランクリン・ルーズベルト大統領が1012日を正式にコロンブス・デーと公告しました。現在では、10月の第2月曜日がコロンブス・デーとされ、週末の3連休となっています。

    ・コロンブス船長のこの航海は、「コロンブスの卵」なる諺を残していますが、「何事も最初に思いつき、それを実行することが、大切である」ということです。


    6babefc5a6ad06eb1737e49b9364e846_t

    20121011日、初の「国際ガールズ・デー」

    2012(平成24)年1011日は、国連で制定後初の「国際ガールズ・デー」となる本日、プラン・インターナショナルは、ユニセフとともに、女の子の人生のあらゆる側面に悪影響を与える人権侵害行為である児童婚の問題と、その根絶に向けた取り組みにスポットライトを当てる国際デーの一つです。

    ・「国際ガールズ・デー」は、「女の子の権利」や「女の子のエンパワーメント」の促進を、広く国際社会に呼びかける日です。プラン・インターナショナルは「子どもとともに地域開発を進める国際NGO」です。プラン・インターナショナルの働きかけを受けて、国連によって定められました。

    ・エンパワーメントとは、「女性が人生におけるあらゆる選択肢を自分の意思で選びとり生きていくために必要な力、男性と対等に家庭内や社会の意思決定に参画する力をつけること。」を意味します。

    ・開発途上国では女の子の多くが経済的、文化的な理由により学校に通えず、10代前半での結婚を余儀なくされ、貧困の中で暮らしています。しかし、適切な教育と支援を受けることができれば、女の子たちの可能性は無限に広がり、未来は大きく変えることができます。

    ・現在、「国際ガールズ・デー」には、世界各地で女の子自らが声をあげ、彼女たちを応援するイベントやアクションが行われます。

    4dd08f44f141f391ef40f94b72207290_t

    19641010日、「東京オリンピック開幕日」

    1964(昭和39)年のこの日、アジアで最初の第18回オリンピックが、東京で開催されました。94の国と地域から5133名が参加しました。

    ・日本からは、437名の選手が参加し、開催された20競技全てに参加し、金が16個、銀が5個、銅が、8個と、日本のオリンピック史上に残る素晴らしい成績でした。

    ・この日の開会式の模様は、人工衛星を使って宇宙中継されました。

    ・歴史的には、1940年東京オリンピックの開催権を返上した後に参戦した第二次世界大戦で敗戦したものの、その後急速な復活を遂げた日本が、再び国際社会の中心に復帰する象徴的な意味を持ちました。

    ・東京オリンピック招致の成功は、開催に先駆けて1964428日に経済協力開発機構 (OECD) への加盟が認められる大きな背景となりました。わが国が、再び先進国として復活した証明の一つともなりました。

    ・東京オリンピック開催を契機に、競技施設や日本国内の交通網の整備に、多額の建設投資が行なわれ、競技や施設を見る旅行需要が喚起され、カラー放送を見るためのテレビ受像機購入の飛躍的増加などの消費も増えたため、日本経済に「オリンピック景気」といわれる好景気をもたらしました。

    ・特に開催地の東京では、開催に向けて競技施設のみならず、東京モノレール羽田空港線・首都高速道路・ホテルなど、様々な整備が行なわれ、都市間交通機関の中核として東京から名古屋を経由して、大阪に至る三大都市圏を結ぶ東海道新幹線も開会式9日前の101日に開業しました。

    ・開会式は1010日、閉会式は1024日に行われました。オリンピック開会式の1010日は、1966年(昭和41年)以降「体育の日」として親しまれるようになりましたが、「体育の日」は2000(平成12)年より10月の第2月曜日となっています。

    ・第18回オリンピックから、56年後の2020年に、再び東京で、オリンピックが開かれることが、2013年に決まりました。200を超える国から、選手が集まり,33競技が行われる予定です。
    65352654b10a92a37f384f5f8a6dcd57_t

    1874109日、「世界郵便デー」記念日

    1874(明治7)年のこの日、世界全体をひとつの郵便地域として、自由に郵便が出し会えるようにとスイスで、「万国郵便連合」の創設日を記念して、1969(昭和44)年に、「万国郵便連合の日」が、設けられ、1984(昭和59)年のこの日に、「世界郵便デー」と改称されました。

    ・ 万国郵便連合では、次の3点が合意されました。①地球上のほぼすべての地域から、固定料金に近い形で郵便物が送れること。②国際郵便、国内郵便がともに同様の扱いがなされること。③国際郵便料金は、それぞれの国で徴収し、使用することです。

    ・特に切手を貼った郵便物については、どの国家の切手でも国際的に通用することを万国郵便連合憲章で定めました。制度が大きく違う国家間で郵便物が届くことは、本当にすごいことだと思います。

    1874年(明治7年)のこの日、全世界を一つの郵便地域にすることを目的に、郵便に関する国際機関である「万国郵便連合」が発足しました。本部はスイスの首都ベルンに置かれています。加盟国間の郵便業務を調整し、国際郵便制度を司る。最も古い国連の専門機関の一つです。日本は1877(明治10)年219日に加盟しました。

    ・この日を中心とした106日~12日の一週間を「国際文通週間」としています。記念の郵便切手を発行や、「日本郵便友の会」がイベントを実施しています。

    490d76ba11ef14982190a99981c3eba7_t

    1932108日、「国立公園制定記念日」

    1932(昭和7)年のこの日、前年に施行された「国立公園法」に基づいて、国定公園12ヶ所が選定されました。選定された12ヶ所は1932(昭和7)108日に国定公園12ヶ所が下記の如く選定されたことを受けて国である環境省が記念日に制定しました。

    ・大雪山国立公園:北海道  ・阿寒摩周国立公園 :北海道

    ・十和田八幡平国立公園:青森県、岩手県、秋田県

    ・日光国立公園:福島県、栃木県、群馬県

    ・富士箱根伊豆国立公園:東京都、神奈川県、山梨県、静岡県

    ・南アルプス国立公園 :山梨県、長野県、静岡県

    ・吉野熊野国立公園:三重県、奈良県、和歌山県

    ・瀬戸内海国立園:兵庫県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、福岡県、大分県

    ・伯耆大山隠岐国立公園 :岡山県、鳥取県、島根県

    ・阿蘇くじゅう国立公園:熊本県、大分県  ・雲仙天草国立公園:長崎県、熊本県、鹿児島県   ・霧島錦江湾国立公園 :宮崎県、鹿児島県

    ・この国立公園とは、国が指定し、その保護・管理を行う自然公園です。国定公園が都道府県に管理を委託されるのに対し、国立公園は環境省自らが管理し、面積の約60%が国有地です。

    ・国立公園は環境に配慮したハイキングコースや遊歩道、自然観察などを目的とした ビジターセンターなどが整備されており、自然と触れ合う場でもあります。

    5866bda1bafae88164ad80d2b9508ea0_t

    このページのトップヘ